ちくま文庫
小説の解剖学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037749
  • NDC分類 901.3
  • Cコード C0190

内容説明

小説はなぜ面白いのか、「うまさ」のツボはどこにあるか、を天才教師が徹底解剖。効果的な書き出し、引用の生かし方、エッセイをどう小説に高めるか…etc.たとえば村上春樹の構成の「技」に納得し、無手勝流に見える深沢七郎の緻密な「計算」を発見し、サリンジャーの“矛盾した残酷さ”=「作家の視点」に戦慄する。小説家志望の人も、もっと小説を楽しみたい人も、必ず新しい発見があるはず。

目次

作家以前の方々へ
書出しの基本的なパターン
構成に対する意識
物語の設定について
対象との距離を保つ
やってよいこと、やってはいけないこと
書きたいテーマにあったジャンル
物語をどう展開させ構築するか
メリーゴーラウンド方式
弁証法を活用する
エッセーが小説になる瞬間
時間のパースペクティヴについて

著者等紹介

中条省平[チュウジョウショウヘイ]
1954年生。現在、学習院大学フランス文学科教授。東京外語大学在学中の欧州旅行でカルチャーショックを受け、学習院大学フランス文学科に入り直す。東京大学大学院博士課程修了、パリ大学文学博士。学生には笑顔でアドバイスしつつも、正確さを欠いた文章は一刀両断。映画・ジャズ・マンガ・ミステリー・落語と、マニアックな情報が錯綜する授業は、とどまるところを知らない
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

活字の旅遊人

29
単行本が1995年。創作学校の講義を元に書かれている。その後もいろいろな作家が出ては消えている。でも、中条氏の言うところはきっと基本。だから古臭くはないし、むしろ正統派の薫りすら漂う。あとがきにもあるが、中条氏は「自分で小説を書く暇があったら、少しでも多くの本を読みたい」方であり、そうなると当然のように注文も多い。ただ、やはり自由に書けることの良さもちゃんと語られている。踏襲と破壊と。新しいものはその両輪。先日読んだ森博嗣『小説家という職業』とは全く視点が違っていて、面白かった。2021/04/27

chiseiok

19
大好物の小説作法ものです。で、今回の著者は書きではなく読みのスペシャリスト。書く時間があるくらいなら読む方に充てると仰るだけあって、例題作品の解体分析っぷりが凄い。ほとんど天才外科医の神業メス捌きです。但し実際の作者の思惑以上に分析しちゃってる気も^^;。形容詞、副詞を捨てろ…っていうのはみんな云いますけど、文章に形容詞を増やすと作品の湿度が上がる、結果腐りやすくなる(=経年劣化、陳腐化する)っていうのは、成る程なぁと。キングが副詞をタンポポと表現してましたが、本作も負けじとかなり上手いこと言ってます。2015/12/05

服部

10
「バナナフィッシュにうってつけの日」の読み解きは面白かったが、それ以外は「●●してはいけない」「××するのは面白くない」などべからず論が多くて、読んでてあまり気持ちのいいものではなかった。心に余裕があって、これから良い文章を書くぞという気概のある人だけ読んでください。私は文章を書くことが怖くなってしまいました。2020/05/19

Z

6
普通に面白かった。小説家の技術を解読していく本.物語の作り方や比喩、ビョウシャの技法について一通り解説。こういうのを読むと、適当に本読んでるなぁと反省するし、何か小説でもよみたくなる。2019/04/28

葦附

4
読みました。小説をひたすら読んで分析していくことで、いい小説はどういうふうに工夫されているのか、ということが解説されているHowto本。単純に読みものとしてもおもしろいと思う。ちょくちょく再読していきたい。2018/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/67622

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。