ちくま文庫<br> 怪奇探偵小説傑作選〈4〉城昌幸集―みすてりい

電子版価格 ¥935
  • 電書あり

ちくま文庫
怪奇探偵小説傑作選〈4〉城昌幸集―みすてりい

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 542p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036445
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

ショートショートの先駆者であり、怪奇探偵小説の分野で多くの掌編小説を残した城昌幸。小さな作品ひとつひとつに見られる驚くべき発想の奇抜さ、ときに詩的な雰囲気を漂わせる文章の流麗さから、江戸川乱歩をして「人生の怪奇を宝石のように拾い歩く詩人」と言わしめた作家の、自選傑作集「みすてりい」を中心に、魅力を網羅した一冊。

著者等紹介

城昌幸[ジョウマサユキ]
1904年東京神田生まれ。本名稲並昌幸。日大芸術科中退。24年同人誌「東邦芸術」発刊、城左門の名前で詩を発表する傍ら、探偵小説専門誌「宝石」の編集長を務めた。小説においてはその折衷とも言うべき「城昌幸」名で探偵小説を書くが、「若さま侍捕物手帖」など多くの時代小説もある。1976年没

日下三蔵[クサカサンゾウ]
1968年神奈川県生まれ。出版社勤務を経て、ミステリ評論家・フリー編集者として活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

38
伯母の家の積読本用の本棚に所蔵されているのを見て借りました。意外なトリックのミステリーもあれば怪奇小説もあり、人間の機微を抉り出した話も収録されている、まさに選り取り見取りなショートショート集。「白い糸杉」のような唐突感もあれば、「波の音」のように語り手の心理と周囲の心理の差異に密かにあっと言わされたり、「もうひとつの裏」のような切ない人間心理を描いたり、お見事!2014/02/27

かわうそ

14
しっかりオチのつくミステリーや怪奇幻想風味のものから、人間心理の機微を描く哲学的な短篇まで幅広いバリエーションのショートショート作品集。一編ごとにどの方向に着地するのかわからず読み進めるのが楽しい。2014/01/12

林 一歩

7
著者の作品は初読。初期横溝作品に通ずる摩訶不思議な掌編集といったところか。他の作品も読んでみたくなりました。2012/07/07

王天上

6
この時代の作品は他では味わえない風味があります。奇抜なアイデアを掌編に惜しみなく注いだ贅沢な一冊だった。2017/06/15

Aminadab

3
横田順彌『日本SFこてん古典』からの流れで読んでみた。捕物帖「若様侍」で知られた作家だが、本領は奇妙な味の掌編にあり、この流れから星新一が出てきたという。前半に全編収録された自選集『みすてりい』はやや戦後の作に偏っているが、後半は大正末年~昭和一桁の作を年代順に納めている。掌編ばかり530ページ読むのは少しもたれたが読み応えあり。自選集では「ママゴト」、後半では「シャンプオオル氏…」と「影の路」か。「艶隠者」は巻頭にあるから自信作なのだろうが、実は私にはマップがどうなっているのかよくわからなかった。2019/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/375384

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。