ちくま文庫<br> 怪奇探偵小説傑作選〈1〉岡本綺堂集―青蛙堂鬼談

電子版価格 ¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
怪奇探偵小説傑作選〈1〉岡本綺堂集―青蛙堂鬼談

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 498p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036414
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

行灯のうす暗い明かりのもとで語り聞かせるかのような、絶妙な筆致で読者を魅了する岡本綺堂。その代表作「青蛙堂鬼談」シリーズをはじめとする怪談の数々を収録する。綺堂が愛した江戸情緒や、農村、湯治場、戦場など、今や失われた風景のなかで、この世に残る未練・愛憎・因縁が引き起こす、恐しい出来事が、人びとの心に哀しくひびく―。

著者等紹介

岡本綺堂[オカモトキドウ]
1872年(明治5)東京・芝高輪で生まれ、父は御家人であった。東京日日新聞の記者として活躍、のちに劇作家となる。「半七捕物帳」「三浦老人昔話」など読物作家としても名作を残している。1939年(昭和14)没

日下三蔵[クサカサンゾウ]
1968年神奈川県生まれ。出版社勤務を経て、ミステリ評論家・フリー編集者として活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

三柴ゆよし

19
ずいぶんひさしぶりに読み返した。実話怪談の観点から見て随一の佳品というべき「寺町の竹藪」が収録されていないのは意外だったが、まずもって本書を綺堂怪談入門とするにしくはないだろう。前近代的な怪談のフォーマットを用いてはいるが、どちらかというと中国の志怪小説を踏襲したのだろう不条理性が病みつきになる。たしか高橋葉介が漫画化していた「白髪鬼」はオチまで含めて完璧な怪奇小説だし、「蟹」や「鰻に呪われた男」「西瓜」などは一読ポカーンとさせられるわけのわからなさ。いま読んでもおそろしくモダンな作品集だと思う。2021/04/21

藤月はな(灯れ松明の火)

18
仮に暗闇に蝋燭を灯して百物語をしていると考えるとします。その中で泉鏡花氏の怪談は極彩色の美で表現される次第に迫りくる怪異ならば岡本綺堂氏は白黒映画のように目に浮かび上がる風景にいきなり、怪異が現れ、(ただし、昨今のホラー映画のように心臓に悪い現れ方では断じてない)冷水を突然かけられたようにぞっとする印象です。科学の普及により怪談などの地位が貶められた時代のためか「神経」などで片付けようとしても結局は謎は残って不思議だというのがなんとも皮肉めいています。夏に読めてよかったです。 2011/08/29

かわうそ

14
怪奇探偵小説と銘打ってはいるものの怪談色の濃厚な作品集で、最後まで明確な因果関係が明らかにならない薄気味悪さが堪能できる。あからさまな恐怖描写がないことがかえって想像力を喚起するのかなかなか怖かった。2013/12/13

しろ

11
☆5 岡本綺堂の怪談の怖さは妙にリアルだと思う。怪談なのに単語自体は比較的あっさりしていて、最後にドカーン、というプロットでもないのに文章全体からじんわりと滲みてくるような恐怖がある。それもすべて実は、怖いのは怪異ではなくて人間そのものであるというところに起因するのではないか。読んでいるとそう感じた。この中では『一本足の女』と『西瓜』がよかった。2010/11/07

tosca

9
日下三蔵篇、第一部は青蛙堂鬼談が丸ごと収められており、12人それぞれが怪異な話を語る12の短編。第二部はいくつかの短編集からの13篇。作品の良さは勿論、ボリュームもあってお得感がある。江戸時代や明治時代の話が多いので、江戸情緒や古き良き日本の美しい景色が目の前に広がるよう。古い日本語が本当に美しい。おどろおどろしい怖さはないが、読んでいたら、どこからかお線香の香りが漂ってくるような妖しさ、靄の中に何かが見えそうな不思議な感覚。どのストーリーも良かったが、「木曾の旅人」「白髪鬼」「西瓜」が印象深かった。2019/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/449088

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。