ちくま文庫<br> 富士に立つ影〈3〉主人公篇

ちくま文庫
富士に立つ影〈3〉主人公篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 343p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034632
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

文政十年、房州清澄山に軍学者頼母木介堂を訪ねた若侍がいた。築城問答勝者熊木伯典と江戸へ出て芸者小里となった村の娘お雪との間に出来た運命の子公太郎である。父伯典に似ず明朗で純真無垢な自然児だが、いつも影法師という邪魔が入り失敗ばかりをくり返す。因果はめぐる糸車、好漢公太郎の運命に投影する伯典の行状。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

60
レビューは全巻読んでから書こうと思うのだが、この「神の如き白痴」と評される主人公・熊木公太郎は凄い!みんなにも読んでほしいぐらい。好きにならずにいられない主人公。というわけで3巻のレビューはこのぐらいにしといてやる❗️(゜o゜)\(-_-)。2019/06/12

Kenichi Tsukamoto

0
主人公編とあり、時代設定が二十年経過してしまった。菊太郎は主人公ではなかったのか。本巻に登場するのは公太郎。明朗型の若侍だ。なるほどたしかに主人公っぽい。だが、なんと彼の父親は… 面白さだけでぐいぐい読ませます。2016/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/94924

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。