ちくま文庫<br> 落語百選 秋

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

ちくま文庫
落語百選 秋

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月27日 01時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 447p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034533
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C0176

内容説明

「さんまは目黒にかぎる」でおなじみの「目黒のさんま」、死者さえ仲間に入れて、笑いにとり込む「猫怪談」、「あの野郎、字を書くよォ」「あいつが?いやな野郎だァ」と変に意気がる「三人無筆」。このほか、「時そば」「粗忽の釘」「死神」など25篇。

目次

道具屋
天災
つるつる
目黒のさんま
厩火事
寿限無
時そば
五人回し
ねずみ
やかん〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

しいたけ

90
季節の25篇が載っています。目黒のさんま、死神、寿限無、子別れなど、よく知られた話も。字面を追いケラケラ笑えることは笑えますが、やはり聞かなきゃ損だよなあ、と思いながらの読了でした。2016/12/01

れみ

71
落語百選・秋編(25話)。最近、毎回ではないけどNHK-Eテレの「日本の話芸」とかも見ているせいか、春・夏よりも知っているお話も多く、また、知らなかったものでも、楽しさや面白さを感じるものが多く、とても読んでいて楽しめた。とはいえ、はっきり“秋だな”と思うお話は結構少なかったような…。「目黒のさんま」や「時そば」は分かりやすく季節感のあるお話だったけど…(食べ物ばっかり^^;) 2020/10/04

a43

15
こちらも最後は人情噺で締め。最近、たまたま電子で正岡容さんの『小説 圓朝』が無料だったので読んだが、三遊亭円朝が「死神」を"新作"として高座にかけたときは、当時の人たちはどれほどわくわくしたことだろう。元になったといわれるイタリア歌劇が解説にあったので、本であるなら読んでみようと思う。それにしても「猫怪談」の与太郎のピュアさといったら!与太郎は身寄りがなかったらしいし、この世のものではないのではという一つの読みの説を呈したいな(笑2015/04/20

燃えつきた棒

14
ぐうたら亭主としては「子別れ」にいたく感動。いまどきこんな女房が何処かにいるだろうか?2015/09/24

ayacooo

10
落語を聞く機会もないし、本で読むのも初めて。人に薦められて読み始めて、話によってオチがピンと来なかったり時代背景や知識がなく読み解けなかったりしたものもあったが、深く感心させられたり笑が出たりするものもあり、なかなか楽しめた。小説も自分に合う合わないがあるのと一緒で、落語も自分のお気に入りを見つければよいのだ、と思って楽しく読めた。ふとした時にぱらりと読んでくすりとする、そんな風に読みたい。2014/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/427273

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。