ちくま文庫<br> 落語百選―春

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくま文庫
落語百選―春

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月25日 02時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 377p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034519
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C0176

内容説明

金がないならないなりに粋にやろうというのが江戸っ子の心意気。玉子焼きはタクアンでかまぼこは大根、もちろん酒は番茶。近々いいことがあるようだ。「湯飲みのなかに、酒柱が立ってます」。おなじみ「長屋の花見」をはじめ「饅頭こわい」「花見酒」などのんびりと春の気分が漂う25話を収める。

目次

猫久
たらちね
湯屋番
浮世床
長屋の花見
三人旅
三方一両損
饅頭こわい
粗忽の使者
明烏〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

chantal(シャンタール)

86
お花見が舞台装置になっているなど、春らしい内容の落語を集めた、正に読む落語!ほとんどがセリフなので、時々誰のセリフなのか、わけが分からなくなる時もあり、噺家さんはこれを一人でやるわけだから、やっぱりすごいなあと。寄席に行ったことがなく、一度は行きたいと思っているのだが、きっと生で聴いたら楽しいだろうなあ。大岡裁きの噺はやはりホロっと来るし、「猫の皿」はうまい!と膝を打ちたくなる。「百年目」の旦那の優しさにも思わず目頭が熱くなる。新鮮な読書で楽しかった。2019/03/15

れみ

84
落語百選・春編(25話)。立春から読み始め。「長屋の花見」「まんじゅう怖い」「明烏」「大工調べ」など、知っているお話もたくさんあったけど、ここで初めて知ったものも多かった。とくに「三方一両損」には財布を落とした側と拾った側、そしてその喧嘩を裁くことになったお奉行さま、みんながそれぞれに粋でかっこよくてワクワクした。それと「松山鏡」は以前同じようなお話を狂言の会で見たことがあったので、滑稽さを描くというところで狂言も落語も共通しているんだなあと言うところをあらためて感じることができたのも良かった。2020/03/16

ヴェルナーの日記

76
本来なら、寄席やTV、ラジオ等で生の声を聞くのがベストだが、最近ではTVはおろか、ラジオでもなかなか放送されない。ましてや寄席ともなると、足遠い有様。せめて本でも読もうかと、本書を手にとった。自分的の面白かったのは、女房の鑑をネタにした『猫久』。長年武家に奉公したした女房が難しい言葉で、亭主と会話が噛み合わない『たらちね』、大岡越前の名裁きを描いた『三方一両損』、度忘れ激しくて慌て者を描いた『粗忽の使者』、ちょいと色っぽいネタ『明烏』、そして定番の『饅頭がこわい』などが俊逸が多数収録されてる。 2015/12/07

依空

63
落語の基本的な作品100本を四季に分けて刊行したシリーズの「春」。滑稽ものあり人情ものありと収録されている内容はバラエティに富んでいて、文章で読んでいるだけでも面白いです。でもやっぱり、落語家さんの噺として聞いたほうが笑いが止まらないくらい面白いんだろうなぁ。有名だけれど何となくしか知らなかった「饅頭こわい」を読めたのが大きな収穫でした。読んでいる時点で多分そういうことだろうなぁと思っていても、途中のやり取りに笑えたのは「粗忽の使者」。「猫の皿」は短い噺ながらもサゲが秀逸で、思わず噴き出してしまいました。2017/05/14

桜もち

55
これはすごい!古典落語の名作を四季に分けて書き起こしている(この巻は春)。だからいわば活字寄席。いちいち笑わさせてもらって、救われた。大家さんと、家賃滞納している大工の攻防『大工調べ』が一番笑った。『百年目』も旦那と番頭さんの人情噺が良かった。登場人物の会話も軽妙洒脱だったり、噛み合わなかったりで、そんな会話あるかいと思いつつも、なんでも真に受けて真面目すぎて自分でも困るような人には役立つかも。『よし、向こうの家主の顔は立った。しかし、おれの顔はどう立てる?』『なるほど、立てにくい顔だ、丸顔で…』2018/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/503922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。