ちくま文庫<br> 男はつらいよ 〈2〉 リリー篇

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
男はつらいよ 〈2〉 リリー篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 464p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480033826
  • NDC分類 912.7
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ツキノ

7
最初の3作分は映画を観てから読む。最後だけ残していて、こちらは映画の前に読む。なんか、じーんとしてしまった。寅さんは、いまも旅をしている。2019/12/28

sawa

4
★★★★★ 歴代のマドンナの中でも、やっぱり寅さんにはリリー。ケンカっぱやくて、啖呵きって、優しくて、歌が上手くて、とっても綺麗。寅さんがリリーに大きな会場で歌わせたいと語る場面と、病気になったリリーを沖縄までお見舞いに来た寅さんが、「よしよし、寂しかったんだろう、一人で。もう大丈夫だ、俺がついてるからな」と慰める場面は、電車の中でも泣いてしまった程(旅のお供に寅さん)。あの四角い顔で言うからいいんだよな。すぐケンカして、すぐ仲直りして、すぐ一緒に飲んで笑っちゃう、そんな2人が理想。2012/08/07

鯉二郎

2
生涯独身の寅さんが、もっとも親しかった女性は間違いなくリリーだ。そのリリーが出演した4回分のシナリオが収録されている。二人は網走で出会い、函館で再会、メロンをめぐって大喧嘩したこともあった。病気のリリーを見舞いに寅さんは沖縄に飛び、晩年は奄美大島でしばらく二人で暮らす。そして、最新作「お帰り寅さん」が公開された。巻末の解説で浅丘ルリ子がリリーにこう言わせる。「寅さん、私よ、元気にしてる。今どこを旅してるの?」。最新作では寅さんのその後は明かされないが、「リリーはいつまでも寅さんの帰りを待ってます」。2020/01/01

Vijay Deva

0
シリーズの最終作で、寅さんは阪神大震災で新長田にボランティアに来ていた。最初から失うもののない寅さんみたいな人は、災害に強い。リリーさんとの所帯も結局は曖昧なままだけど、一年ぶりに立ち寄った復興の街で「みなさまお疲れ様でした」と言う超越した物言いがいい。何かと疲れる世間に足場を持たない寅さんと浮き草みたいなリリーさんとの出会いと別れの繰り返しを描く四作品を集めてる。傑作あい相合傘も収録。2016/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/246343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。