ちくま文庫<br> 警視庁草紙〈下〉―山田風太郎明治小説全集〈2〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ちくま文庫
警視庁草紙〈下〉―山田風太郎明治小説全集〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 02時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 474p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480033420
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

警視庁vs元江戸南町奉行所の面々。広沢真臣、黒田清隆、井上馨、森鴎外、高橋お伝、皇女和宮、清水の次郎長などなど多彩な人物を巻き込む怪事件をめぐり知恵くらべは続く。華やかな明治の舞台うらに流れる去りゆくものたちの悲哀。

著者等紹介

山田風太郎[ヤマダフウタロウ]
大正11(1922)年、兵庫県養父郡関宮町の医家に生れる。昭和24年、「眼中の悪魔」「虚像淫楽」で第二回探偵作家クラブ賞を受賞。その後「甲賀忍法帖」を初めとする“風太郎忍法”を生みだし、忍法ブームをまきおこす。平成13(2001)年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

NAO

67
作者は奉行寄りだが、私には元町奉行の大人げのなさばかりが目についた。新しい世にかかわりたいのならば、もっと肯定的なかかわり方はできないのだろうか。もちろん、それは簡単なことではない。だからこそ、多くの共感を呼ぶのだ。でも、それも、やはり限度がある。最後に、腹心の手下千羽平四郎は、どんなに警官たちをからかって、その裏をかいてみたところで、それはただの悪あがきにしか過ぎないと悟り、警視庁の抜刀隊に入隊してしまう。これほど皮肉なことはないだろう。 2020/04/15

Yuji

23
お調子者の同心がラストで、敵の策略にはまりながら、西南戦争の警察抜刀隊の一員として行軍してゆく皮肉。日本が世界大戦に自ら巻き込まれ、参加してゆく暗澹たる歴史への予感、余韻。そこまでするのかという川路警視の密偵を使った謀略の暗さ。明治政府以降の流れは勿論、現在につづいており、まったく嫌になる。とはいえ物語は本当に面白い!2016/11/05

紅はこべ

22
新政府のためなら、大恩人西郷も陥れても構わないとする川路大警視の冷徹さの前には、温情派のご隠居は敗れ去るしかなかったのか。2009/05/02

河内 タッキー

18
山田浅右衛門の家業の話。それと絡む高橋お伝の悲哀。吉田松陰の遺書が世に出てきたいきさつ。藤田組贋札事件。井上馨と川路利良の対立。これらが著者の推理でみごとに絡み合い、震えるほどの展開。そして山田風太郎お得意の皮肉な結末が余韻を残す。もう天才というしかない。2019/05/11

しんすけ

17
隅のご隠居は警視庁の遣り方がどうも気にくわない。指揮を執っているのは川路だが真の長は大久保である。その施政は旧幕諸氏を路頭に迷わせ野垂れ死にするに任せるばかりである。 それが民権運動の要因となったと考えると、安穏な体制は人間を改革に走らせないかと憂鬱にさせられる。 だが本書の処々には読者に留飲を下げさせるものがいくつかある。その一つが、明治の安倍晋三とも謂われる井上馨に一泡吹かせることだった。 ご隠居は熊坂長庵に力を貸し贋金を作らせ、その犯人を井上馨と見なせる事態をでっち上げた。2020/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/522389

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。