ちくま文庫<br> ヨーロッパ 民族食図鑑

ちくま文庫
ヨーロッパ 民族食図鑑

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 239p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480033307
  • NDC分類 596.23
  • Cコード C0195

内容説明

ヨーロッパの少数民族地域や辺境を訪ね、食を含めた文化融合について考えつつ、食べ歩いた。各地で出会った伝統の味、おふくろの味も紹介する。巻末にレシピ付。

目次

旅の始まりは五カ国対抗ラグビー
スペインの中の異国―バスク
ガウディとダリの地―カタルーニャ
地中海の十字路―シチリア
海を越えた「イギリス」―ブルターニュ
緑の楽園の憂鬱―アイルランド
「小国」オランダの中の「小国」―フリースランド
ヨーグルトを食べながら―ブルガリア
南蛮を追う旅―マラッカからポルトガル、スペインへ
アメリカ南部の「フランス人」―タバスコに始まる旅
悠久の食卓―エジプトでヨーロッパとアジア、中東を考えた

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

斑入り山吹

5
なかなか面白かった。おいしそうで、お腹が空いてしまったよ。表を撫ぜるだけか、と思ったが、それなりの掘り下げもある。クレオールとケジャンの違いとかフリース人とか知らなかった。エジプトは今は全然状況が違うのが悲しい。バスクが特に気になるなぁ。2014/06/28

たな

3
一番最初がバスク、その次がカタルーニャ、といった、西洋料理と言われて思い描きがちな場所とは異なるところからヨーロッパの食文化を観察し始めているところが面白い。内容は森枝氏ならではの安定した食文化探訪記録で、寝る前に少しずつ読んで楽しんだ。スパゲティにタバスコというのが、日本であるていど定着した理由に関する考察が特に面白かった。2015/02/28

しまりんご

2
バスク地方、シチリア、カタルーニャ、ブルゴーニュ、フリースランド・・・など、いわゆる「フランス料理」「イタリア料理」などの大雑把な分類ではくくりきれない地域のヨーロッパの食文化にスポットを当て、著者が実際に旅し、食し、料理しながら紹介する本。民族の歴史についても考えさせられる。料理の写真も豊富!とても面白かった。2012/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/263315

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。