ちくま文庫<br> ことばの食卓

個数:

ちくま文庫
ことばの食卓

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月26日 00時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 160p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480025463
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

食べものに関する昔の記憶や思い出を感性豊かな文章で綴るエッセイ集。

目次

枇杷
牛乳
続牛乳
キャラメル
お弁当
雛祭りの頃
花の下
怖いこと
誠実亭
夏の終り
京都の秋
後楽園元旦
上野の桜
夢、覚え書

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

64
「枇杷」を歯ぐきで噛みつく武田泰淳を冒頭の一篇に置いた食べ物の思い出を綴ったエッセイ14篇。武田百合子さんの作品は読むたびに味わいがある。2018/06/22

あんこ

60
装丁も素敵だったので惹かれた。こどもの頃の話から、大人になってからの四季折々のことや夢のことについての随筆集。こどもの頃の話の方が、ところどころにメランコリーと死の気配が漂っている印象を受けた。単なる食べものの思い出話に留まらない武田百合子の文章はところどころにもの寂しさを携えながら、こちらも物思いに耽ることとなった。2014/08/15

ユメ

59
冒頭の「枇杷」でいきなりどきり。「枇杷を食べていたのだけれど、あの人の指と手も食べてしまったのかな」続く幼少期の回想も、失踪した牛乳屋と振り向いた赤マント、花の下の老女、どこか幻想的な趣がある。野中ユリさんの挿画がその印象を後押しする。夢と現実の境目が曖昧なような、でも子供時代ってそんなものだったかもしれない、と思う。作家とは、子供であった自分を失わずに抱えていられる人なのかもしれない。「たるたるに、とろとろにふくらんで小鉢の蜜汁の中にぽっかり浮かんでいるあんず」武田さんの「ことばの食卓」は実に豊かだ。2016/05/22

♡ぷらだ♡

52
富士日記の続きをとおもいながら、「食」にまつわるエッセイが好きなのでこちらを先に読んだ。ご主人の泰淳さんが枇杷を食べる描写から始まる。「口中で枇杷をもごもごまわし」「タンと舌を鳴らし」言語感覚は童女そのもの。ただ、「牛乳をこっそり持ってきてくれた山本さんが25歳にならないうちに疎開先で死んだ」とか「7,8人ひとかたまりの検診いくお女郎さんに会った」とか「イペリットでない毒ガス弾にあたりたい」など、不穏さも漂っている。自伝的なところがあり百合子さんを知ることができる1冊。2019/12/04

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

50
何度目かの再読。『枇杷』を読みたくて読んでいたら、そのまま全部読んでしまった。何度読んでもやはりいいエッセイだと思う。汁気の多い果物を食べる時の果汁が口元や手に垂れてくるところなど、文章だけでありありと感じられる。『遊覧日記』でもそうだったけれど、百合子さんは酔っ払いの描写がすさまじいのだ!2016/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573995

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。