ちくま文庫<br> ケルトの神話―女神と英雄と妖精と

個数:

ちくま文庫
ケルトの神話―女神と英雄と妖精と

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480023926
  • NDC分類 164.339
  • Cコード C0198

内容説明

神々は英雄と結婚し、英雄はまた妖精の恋人に…「幻の民」ケルトの人びとが伝え残した神話のかずかず。目に見えぬ世界「常若の国」や、目に見えぬ種族・妖精たちの存在を信じていたケルトの人びとの想いが今に甦える。ケルト文化の理解に欠かせない1冊。

目次

1 「天地創造神話」のない神話(地下から来た神々;国造りを見た男トァンの話)
2 ダーナ神族の神話(ダーナの神々;ダーナ神族と妖精と常若の国;トゥレン3兄弟の試練の旅;かゆ好きの神ダグダ;愛の神オィングスの夢;蝶になったエーディン;白鳥になったリールの子 ほか)
3 アルスター神話(赤枝の戦士たち;光の神ルーの子ク・ホリン;悲しみのディアドラ)
4 フィアナ神話(フィンとフィアナ騎士団;フィンと妖精サヴァ;妖精にたのまれた戦い;ディルムッドとグラーニャの恋 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

コットン

72
ケルト神話集。ケルト民族についてやケルトの成り立ちなど面白い。個別の神話については流し読みした。モノクロではあるが写真があるのが良い。2020/10/28

kaori

38
神話シリーズ第2弾。ケルト神話は天地創造がないというのには驚いたが、特に興味深かったのは変化と誓約。例えば一人の男が猪から鷹、鮭へと変化を繰り返すという、いわば輪廻転生を思わせる物語が多い。もうひとつの誓約(ゲッシュ)は王や英雄が自分自身に課す禁制や誓いのこと。それを破ることは不吉で不名誉であるため守り通さねばならないが、それ故に不幸な運命とつながることも多い。例え不義と分かっていても守り通すのが騎士道というものなのか。神と妖精、人が深く関わり合い織り成された物語は優美で幻想的であり、とても面白かった。2015/05/09

イプシロン

37
世界にある様々な神話を読んできたが、一番好みなのがこのケルト神話であったりする。いわゆる戦士や英雄、王や王女も出てくるし、血生臭い死んだ、殺したはもちろんあるのだが、ケルト神話はベースに輪廻転生があり、割と誰も不幸にならないのがいいのだ。何度も生まれ変わるうちに、地上世界から追いやられてゆくが、最後は地底や海で妖精となって楽しく暮らしてるとなるのがいいのだ。残念なのはケルト人たちはほぼ文字をもたなかったので、正確な形で神話や民間伝承が残ってこなかったであろう部分だ。が、アーサー王伝説のベースになったり、2021/05/04

ひびつき

35
神話といえばギリシャの神々しか知らなかったのでケルトに手を出してみた。ダーナ親族は戦いもするけど貴族や王族みたいに領地を持っていたり相手の娘を妻にもらったりとなんだか戦国時代みたい。命に代えても守らなければならない誓約がそこかしこで制約になり、ときに命を奪う宿命みたいなのは神さまのさがでしょうか。面白かった。2015/11/12

きーみん

20
オグマ、エスリン、イルダーナフ、ゲーム好きなら聞いた事のある名前がどっさり出てくると思う。そしてイルダーナフが「何でもできる男」という意味だと知ったり、ダグザ(良い神)の大釜は他郷(アザ・ワールド)へ通じているとか、どっかのゲームや小説の発想起源はここかも!?と思えるものばかり♪神話の中でもケルト神話はかなり面白いと思う。2010/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/514864

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。