ちくま文庫<br> 古典落語〈文楽集〉

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
古典落語〈文楽集〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 455p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480023537
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C0176

内容説明

その昔、文楽が『明烏』を高座にかけると、売店の甘納豆がよく売れた。噺のなかで甘納豆を食べる迫真の芸に、ついお客がつりこまれて―という話がある。八代目桂文楽は演題のすべてが「十八番」だった。どれも、言葉のはしばしまで一字一句ゆるがせにできぬほど磨きぬかれ、完成された一席。それを、完璧な落語芸で演じてみせた。古典落語が行きついた一つの到達点というべき、文楽落語十八番集の一冊。

目次

明烏
松山鏡
心眼
鰻の幇間
船徳
富久
酢豆腐
厩火事
よかちょろ
素人鰻
寝床
つるつる
厄払い
景清
馬のす
干物箱
愛宕山
星野屋
王子の幇間
夢の酒
花瓶