ちくま文庫<br> ドン・キホーテ〈前篇 1〉

電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

ちくま文庫
ドン・キホーテ〈前篇 1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 499p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480021410
  • NDC分類 963

内容説明

スペインの片田舎の紳士が、騎士道小説の読みすぎで妄想に取り憑かれ、「世の不正を正すため」従者を引きつれ、遍歴の騎士となって旅に出る。狂気と正気の衝突、夢想へ向かっての猪突猛進、溌刺とした純愛―世界文学に永遠の生命をもって登場した長篇小説を全4冊で贈る決定版。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おにく

21
映画やアニメ、バレエの演目など、タイトルはお馴染みですが、前後編を含めてかなりのボリュームなので、実際読むのには躊躇してしまいます。物語は、騎士道の本を読みすぎて本と現実との区別がつかなくなった主人公が、騎士道を極める旅に出て、時代錯誤な正義感であちこちに騒動を起こすという。今で言うと“高速道路を自信満々に逆走し、事故をひき起こす痴呆気味の老人”のような困った主人公です。当初はこの物語を滑稽だと笑って読んでましたが、騎士道を極める事に一点の迷いもない姿に次第に狂気を感じます。この後の展開は?後編に続く。2015/04/13

あめだまはちす

4
名前だけ有名小説の代名詞でもあるドン・キホーテについて。 本当にだれしも一度は聞いたことがあるであろう風車を巨人と信じ込んで突っ込んでいく場面しか知らないのは少し勿体無い! ドン・キホーテはそれを遥かに超えるキチガイエピソードを凄まじい勢いで打ち立てていく名誉ガイジ! 従者であるサンチョも脱糞ガイジ! 古い小説だから、詩をとても大事に扱ったり、言い回しが仰々しいので、少々読むのが疲れるが。いざ、気を入れて読むと、彼らはユーモラスな読者を必ず笑顔にさせてくれるのである。2016/08/06

しんかい32

2
評判の微妙な会田訳ドンキホーテ。言われるほど読みづらくはないが、たしかにテンポはよくない。騎士道小説では「騎士がお姫様を助ける→ラブ」じゃなくて「騎士が誰かを助ける→評判がお姫様に届く→ラブ」だったらしく(間違ってたらごめん)、僕なんかは効率悪い物語構造だなあと思ってしまうのだが、本書でもその点はさんざんおちょくられている。ドンキホーテは善行(と彼が信ずる行為)をなすたびに「このことを姫に伝えてくれ!」と相手に頼むのだが、だれも従ってくれないのである。2010/06/29

Miki Kawamura

0
訳本って苦手で敬遠してました、が、友人の薦めにより読破! おもしろかった! 友人が言ってたみたいに、読んでからどこがどうとか話すのがまたいいのかも! スペイン語でも簡単なやつ売ってるかな〜? 早く後編読みたい!2016/12/15

MatsumotoShuji

0
030929

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15834

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。