ちくま文庫<br> いのちの優しさ

ちくま文庫
いのちの優しさ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 200p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480021175
  • NDC分類 914.6

内容説明

人間は“自分の目で見て自力で生きる”という知恵を身につけたことによって、本当の“いのち”を見失なってしまったのではないか。愛児の自死に直面した著者が、歎異抄を通して、いのちそのものの持つ力への目覚めを呼びかける、若い人たちと親への真摯なメッセージ。

目次

「優しさ」について
いのちへの目覚め
いのちの優しさ
人が生きる
歪んだいのち
いのちの重み

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

あずみん

0
いのちの優しさは悲しい。苦しい。私には言葉に出来ないが、私なりの「いのち」や「やさしさ」を心に留めながら生きていこうと思う。2018/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1318122

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。