ちくま文庫<br> ギリシア悲劇〈4〉/エウリピデス〈下〉

個数:

ちくま文庫
ギリシア悲劇〈4〉/エウリピデス〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月27日 01時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 701,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480020147
  • NDC分類 991
  • Cコード C0198

内容説明

ギリシア悲劇全4巻完結!「エレクトラ」「バッコスの信女」他7篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

syaori

53
上巻の感想でエウリピデスの悲劇は人間の情念によるものだと書きましたが、ギリシア悲劇はやはり「運命とその下に立つ一人間の姿」を描くものなのだと痛感しました。作者の神は、『ヘラクレス』でゼウスのアルクメネに対する愛への嫉妬からその子ヘラクレスを苦しめるヘラの如く不条理で、しかしそれが作者の見ている世界の原理なのだと思います。そして人間はその世界で、自分を打つ悲運や不運の理由も分からぬ世界で生きてゆかねばならない。そんな人間の姿を、その中で彼らが織り成すものを、作者はその悲劇の中で浮彫にしていたように思います。2021/09/10

翔亀

35
ゲーテ中期の代表的戯曲「タウリスのイフィゲーニエ」の予習のため、「タウリケのイピゲネイア」(BC414?)、ついでに「アウリスのイピゲネイア」(BC405?)を読んでみた。トロイア戦争の出征時にアガメムオンが娘のイピゲネイアを神への生贄に捧げる「アウリス」の方は比較的有名だが、「タウリケ」は、それから数年度、辺境のタウリケ王国の女神の社の巫女となったイピゲネイアが、そこに生贄にされそうになった弟オレステスと再会する話だ。■戯曲には馴染みがなく、ましてやギリシャ劇は初読。でも意外に読みやすいではないか。↓2020/10/09

mitu

35
読むほどに作者エウリピデスの劇的創作に目から鱗。あのオィデプスは?あのエレクトラは? あのメネラオスとヘレネは?… 涙を振り絞らせたトロアの悲劇はなんだったのか。 増えすぎた人口調整と勇士アキレウスの名を輝かしたい為にギリシアの国とトロイアに戦争を送った大神ゼウス。一番美しい女神に選ばれなかったことを怨むヘラはパリスにヘレネを渡さない。スパルタからトロイアにパリスと逃げたヘレネは、神々のはかりごとによって雲から創られた人形で、本物はエジプトに匿われていたという「ヘレネの無罪を主張する立場をとる」⇒ 2018/07/12

こうすけ

20
ついに、ギリシア悲劇全作読破。ソフォクレス、アイスキュロスと比べて、エウリピデスが一番好きだと気付く。エレクトラ、オレステス、フェニキアの女たち、ヘレネが良かった。展開がわかりやすく、キャラクター同士のセリフの応酬、バチバチ感が面白い。夫殺し、母親殺しなど、運命の流れによって自分が意図的に招いた悲劇を嘆く登場人物たち。どうにもならない苦悩を救えるのは神様だけ。ギリシア悲劇ありがとう。コロナが終わったらギリシアに行きたい。2021/09/12

em

16
他で悪者となっている側の言い分や、裏のいきさつが語られる最終巻。一話目から、アポロンの神託が「思慮あるものではなかった」とされる緊急事態。今まで散々やってきた神々の遊びめいた諍いとは、少し雰囲気が違っている。人が神を非難し、それがやんわりとは言え肯定されるとは。なお、トロイア戦争の元凶となったヘレネについては、驚きの事実?に呆然。さらに、オイディプスだけでなくとことん呪われたテーバイ王家など、スリルと衝撃に満ちた巻でした。最後まで怒涛の盛り上がりを見せられ、まだまだギリシア悲劇を読みたい気持ち。2018/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。