本・子ども・絵本 (改訂版)

本・子ども・絵本 (改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784479750369
  • NDC分類 019.5
  • Cコード C0095

内容説明

『いやいやえん』『ぐりとぐら』の著者が贈る絵本の時間。押しつけでない絵本の魅力がたっぷりのエッセイ集。名コンビの実妹山脇百合子のイラストも多数収録。

目次

子どもと絵本
母と子の絵本の時間
本と絵本のこと
岩波少年文庫と私
みどり保育園のこと
子どもの世界

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にゃんみるきー

12
★★★★保母さんとしての子供と絵本との関わり、幼少期の児童文学との出会い、中川さんの教育論が詰まった一冊。 *中川さんの本で育った身です。(『いやいやえん』『ぐりとぐら』など)私も絵本、児童文学から本好きへと育ちました。「こどものとも」は毎月購入してくれていたので、絵本はたくさん読めた方だと思い、両親に感謝です。子供に関わる職業に就くこともあり、教育論も大変参考になりました。手元に残しておきたい一冊となりました。絵本好き、児童文学好き、親、教育関係者には特におすすめです。2016/01/03

あーちょ

8
中川李枝子さんは、厳しくも優しい。私は普段、仕事で忙しくて我が子と遊んであげられないと負い目を感じているけど、「大人がつきっきりだなんて子どもにとって迷惑。大人がいない子どもの世界で遊んでいる」というような内容にほっとした。子どもは子どもでたくましく、想像力を働かせながら遊んでいるのだ。それから、中川さんは保育園の子たちを先生と尊敬したり、たくさんの書物について書かれていたりした。私も岩波少年文庫がほしい!読みたい!2018/08/20

LACI

2
元保育園で勤めていた中川李枝子さんだからこそ書ける絵本への思いが綴られています。2012/07/15

星が原ルビ猫

1
挿絵もかわいくて、子どもたちとのかかわりや、ご自身の読書体験を丁寧に語られてる。みどり保育園やこんな先生に会いたかったな。さすがぐりとぐらを生んだ人だ。2012/02/06

キーにゃん@絶対ガラケー主義宣言

0
1999年1月5日

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/39198

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。