MBA全集
MBA全集〈8〉意思決定と情報

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 194p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478372982
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C2034

出版社内容情報

不確実性の時代に明日を見据えた正しい意思決定を行うことは困難を極める。過去の情報から明日を読み解くセオリーを提示する。

内容説明

本書では、情報を単なるデータの集合体としてではなく、広がりを持ったビジネス活動およびそれを取り巻く環境の一側面としてとらえ、マネジャー自身が情報を解釈する手法と、それをビジネス・プロセスの中で活用していく方法を論じている。前半部分では、まず情報を解釈する手法について解説し、後半部分では、情報を、価値を持ったものとして、知識として、そして企業全体の力として戦略的に活用していくための、組織やプロセスのあり方、あるいは情報文化といった観点からさまざまな考察を加える。

目次

第1部 意思決定を支援する分析手法(データを理解する;確率と分布で不確実性を明らかにする;標本データから情報を読み解く;不確実性からリスクを取り除く;システム思考とモデリングの技術;最適な組み合わせを選択する)
第2部 情報のマネジメント(戦略的知的情報のマネジメント;企業の情報文化;戦略こそが重要である)

著者等紹介

佐藤哲[サトウテツ]
1987年東京大学理学部物理学科卒業。情報通信サービス会社に入社。金融機関の営業店システム、基幹系システム、電子マネーシステムの企画開発を経て、現在は新規ネットワークシステムの企画業務に従事。1995年にペンシルバニア大学ウォートン・スクールにてMBA取得

杉村雅人[スギムラマサト]
1983年早稲田大学法学部卒業。現在、日本アイ・ビー・エム(株)コンサルティング事業部に所属し、マーケティング、カスタマー・リレーションシップ、経営管理会計を中心に、企業の業務改革およびそれを支える情報技術(IT)に関するコンサルティング業務に従事。1995年にペンシルバニア大学ウォートン・スクールでMBA取得。マーケティングおよびファイナンスを専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

12
ウォートンのビジネススクールの教科書にしては若干レベルが低いのではないかと感じました。分析手法については統計的なものでそれほど難しいものではないかとも思われます。ただ後半の戦略的知的情報マネジメントの部分は役に立つのですがやや簡素すぎてもう少し膨らませてくれてもよかったのではないかと思いました。2014/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1288117

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。