反脆弱性〈上〉―不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

反脆弱性〈上〉―不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

  • ウェブストアに32冊在庫がございます。(2018年12月11日 13時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 456p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478023211
  • NDC分類 331.16
  • Cコード C0033

内容説明

経済、金融から、人生、そして愛まで―。この世界で私たちがいかに生きるべきか、すべてに使える思考のものさし「脆弱/頑健/反脆弱」をもとに解き明かす。

目次

プロローグ(風を愛するには;反脆さ ほか)
第1部 反脆さとは(ダモクレスとヒュドラーの間で;過剰補償と過剰反応はどこにでもある ほか)
第2部 現代性と、反脆さの否定(青空市とオフィス・ビル;ランダム性は(ちょっとなら)すばらしい! ほか)
第3部 予測無用の世界観(デブのトニーとフラジリスタたち;セネカの処世術 ほか)
第4部 オプション性、技術、そして反脆さの知性(タレスの甘いぶどう―オプション性;鳥に飛び方を教える―ソビエト=ハーバード流の錯覚 ほか)

著者等紹介

タレブ,ナシーム・ニコラス[タレブ,ナシームニコラス] [Taleb,Nassim Nicholas]
文筆家、トレーダー、大学教授および研究者という三つの顔を持つ、現代の急進的な哲学者。主な研究テーマは「不透明性のもとでの意思決定」、つまり人間にとって理解不能な世界で生きていくための地図やルールについて考えること。レバノンでギリシア正教の一家に生まれ、ウォートン・スクールでMBAを、パリ大学で博士号を取得。現在、ニューヨーク大学タンドン・スクール・オブ・エンジニアリングでリスク工学の教授を務める

望月衛[モチズキマモル]
大和投資信託株式会社リスクマネジメント部。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了。CFA、CIIA。投資信託等のリスク管理やパフォーマンス評価に従事

千葉敏生[チバトシオ]
翻訳家。1979年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「万に一つ」が明日来る――。『ブラック・スワン』で経済の本質をついたタレブが明かす、不確実な世界で生き延びるための考え方

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件