ウジェーヌ・アジェ回顧

ウジェーヌ・アジェ回顧

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 228p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784473016201
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

内容説明

19世紀未から20世紀初頭にかけての30年間に、パリとパリ郊外を撮影し、およそ8000枚の写真を残した孤独の写真家アジェ。歴史的建造物、教会、古い街並、中庭、店先、室内、庭園、街角の人々など、失われゆく「古きパリ」を彼は克明に記録しました。アジェの記録に徹した透明に眼差しは、当時流行した絵画主義写真とは全く異なる、写真だけがもちえる世界を提示したのです。アジェは、生前は認められることなく世を去りましたが、その偉業はアメリカ人写真家ベレニス・アボットによって後世に伝えられ、やがて近代写真の先駆者の一人と称されるにいたりました。本書は、東京都写真美術館をはじめ、アジェ自身が写真を納めたパリ市歴史図書館や、カルナヴァレ博物館、イル・ド・フランス博物館、そしてアボットのコレクションを継いだニューヨーク近代美術館から200点にのぼるプリントを選び、アジェの全貌に迫るものです。

目次

ウジェーヌ・アジェ―開かれゆく20世紀のパリ
ベル・エポックの残像―ウジェーヌ・アジェとその時代
図版(パリとパリ郊外―セーヌ、街並、室内、庭園、街角の人々、植物、ルーアン)
パリ市歴史図書館所蔵のアジエの写真に関する分析