身体運動学―行動選択の規準と運動の経済性

個数:
  • ポイントキャンペーン

身体運動学―行動選択の規準と運動の経済性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月19日 20時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 243p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784469265996
  • NDC分類 780.1
  • Cコード C3037

内容説明

本書には、バイオメカニクスの基礎が詳しく説明されるとともに、運動生理学や心理学の基礎的な内容も含まれており、運動の経済性についての理解を総合的に深めることができる。

目次

第1章 エネルギー消費と運動の正確性:筋および呼吸循環系の活動水準と努力感との関係
第2章 ヒトのロコモーションの構造と行動を形成する要因
第3章 運動の熟練:課題の要求と制約を考慮した動きの評価
第4章 運動経済性、選好様式、ペース
第5章 歩‐走行相転移の引き金
第6章 学習がもたらす行動効率の変化:成功反応に対する外在的即時フィードバックと最終的フィードバックの効果
第7章 身体運動における力学的パワーと仕事
第8章 周期的運動の学習における最適化
第9章 動力学および熱力学的制約とロコモーションの代謝コスト

著者等紹介

松尾知之[マツオトモユキ]
大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座所属。スポーツバイオメカニクス(投打の動作、運動の効率・経済性)が専門

門田浩二[カドタコウジ]
(独)科学技術振興機構下條潜在脳機能プロジェクト所属。運動の制御と学習(運動スキルの獲得メカニズムの解明、感覚運動システムの解明)が専門

木島章文[キジマアキフミ]
福山平成大学福祉健康学部健康スポーツ科学科所属。運動の制御と学習(移動における視覚の制約と行動)が専門

桜井伸二[サクライシンジ]
中京大学体育学部体育科学科所属。スポーツバイオメカニクス(投動作など)が専門

橋詰謙[ハシズメケン]
大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座所属。身体運動学(運動の制御と学習、コツ)が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。