食べるアメリカ人

個数:
  • ポイントキャンペーン

食べるアメリカ人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 00時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469244793
  • NDC分類 498.5
  • Cコード C3077

内容説明

アメリカ人は、なぜあんなにマズい食事で平気なのか。

目次

1 アメリカ人は「味音痴」?
2 アメリカンな食べ物たち
3 冷蔵庫の中はいつもいっぱい
4 矛盾だらけの健康おたく
5 アメリカの料理本を読む
6 世界の食が集まるアメリカ
7 アメリカで進化する日本食
8 アメリカの食をめぐる旅
9 アメリカはおいしい…か?

著者等紹介

加藤裕子[カトウヒロコ]
1970年生まれ。生活文化ジャーナリスト。早稲田大学卒業後、女性誌の編集者を経て、99年にフリーランスに。同年渡米。The Vegetarian Resource Groupに籍をおき、アメリカのベジタリアン事情、食生活、健康志向などをテーマに取材。帰国後は日米のメディアで活動している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

SAGA

4
アメリカ人の食生活事情などが垣間見えておもしろい。アメリカは広いとしみじみ思った。(郷土食、土地によって変わりすぎ)アメリカ料理の紹介もある。2011/11/06

noko

3
アメリカの食文化紹介本。でも新発見はあんまり無い本で、「そうそう、その通り~」的な内容でした。ただ、ニューオリンズの食事については、私はあまり知らなかったので、是非行ってみたい。庶民的でピリ辛のケイジャンも良さそうだし、上品でどこかフランスのクレオール料理も食べてみたいな。アメリカで発明された食品(例えば、スライスチーズ、スライスされた食パン、ポテトチップス)は、合理的でもう無くてはならない品になっているな。2014/11/15

izumiumi

2
reiさんおすすめ/思ったより読み応えはないがNYの地図などは面白かった2010/08/12

ブラックバード

1
アメリカの食文化についての本。なかなかボリューミーです。現代のアメリカ人は料理をほとんど作らないという事実に驚愕。2015/05/24

ReadingYear

1
NYのファーマーズ・マーケット行ってみたい!2011/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/77437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。