ことばの地理学―方言はなぜそこにあるのか

個数:

ことばの地理学―方言はなぜそこにあるのか

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2017年09月23日 09時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469213607
  • NDC分類 818
  • Cコード C3080

内容説明

「カタツムリ」の方言分布は本当に同心円か?柳田国男の方言周圏論で有名な「カタツムリ」「マイマイ」「ツブリ」等の分布も、ていねいに検証してみると疑問点が…。川や海の交通網、家族制度、人口密度など、多彩な視点から「土地」と「ことば」の結びつきの謎に迫り、方言研究の新たな地平を切り拓く。

目次

序 「方言はなぜそこにあるのか」
第1章 川をのぼった「言わん」の「ん」―方言と塩を運んだ川の道
第2章 もうけ話はことばを伝えない―サカイと海の道
第3章 せめぎ合いで変わった活用―山の攻防
第4章 太陽がノボラサッタ(お昇りになった)、花がサケル(咲くことができる)―山の思考
第5章 家に「おられる」父親との隔たり―敬語と家族制度
第6章 九州と東北のタケカッタ(高かった)―人口とことば
第7章 「おら、行くだ」と「おめえ、行くずら」―「いなか」のことば
第8章 なぜ方言はあるのか
第9章 ことばの地理学

著者紹介

大西拓一郎[オオニシタクイチロウ]
1963年大阪府生まれ。東北大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科修了、国立国語研究所教授。専門は方言学・言語地理学。2010年より生活拠点を長野県に移し、富山大学・信州大学と共同で富山県や長野県でフィールドワークを行い、生活者・言語使用者の思考・感覚に根ざした方言ならびに方言分布形成の要因・過程の解明に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

川や海の交通網、家族制度、人口密度など、多彩な視点から方言を分析し、「土地」と「ことば」の結びつきの謎に迫る。

大西 拓一郎[オオニシタクイチロウ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件