柏艪舎エルクシリーズ<br> 金子喜一とその時代

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

柏艪舎エルクシリーズ
金子喜一とその時代

  • 北村 巌【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 柏艪舎(2007/12発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434113314
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

本書は、夢に生き、途上にて若くして散った明治の一青年、金子喜一の生涯をまとめたものである。

目次

第1章 金子喜一、渡米までの歩み(出生から渡米まで;渡米前の交友関係 ほか)
第2章 渡米前期(前半の五年間)(渡米後の生活と動静;有島武郎との出会い ほか)
第3章 渡米後期(後半の五年間)(ジョセフィン・コンガーとの運命的出会い;有島武郎との交流 ほか)
第4章 帰国・死亡、そして没後(帰国と無念の死;ジョセフィン・コンガーの孤高な闘い)
第5章 金子喜一の思想展開(米国社会への否定的見解;日本人移民労働者及び渡米知識人への批判 ほか)
資料

著者等紹介

北村巌[キタムライワオ]
本名・田澤義公。1949年、北海道上磯町(現・北斗市)に生まれる。1973年北海道職員となり公立学校や北海道立文学館に勤務。2005~06年、函館市文学館に勤務。1992年『小林勝論』で北海道新聞文学賞(佳作)、1994年『島木健作論』で北海道新聞文学賞。北海道労働文化協会・北海道新聞文化センター(札幌・函館)文学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。