ビジネスマン「うつ」からの脱出

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422112862
  • NDC分類 916

目次

第1部 発病から会社復帰まで(休職へ(四月二四日)
転勤から「うつ」で倒れるまで(三月二〇日~四月二三日)
極悪期(四月二四日~五月九日)
回復へのきっかけ(五月九日) ほか)
第2部 「うつ」を振り返って(はじめに;ビジネスマンの、「うつ」とのつき合い方;会社との関係;家族、上司、同僚について ほか)

著者紹介

楠木新[クスノキアラタ]
昭和29年(1954)、神戸市生まれ。大学卒業後、大手企業に勤務し、人事・労務関係を中心に、企画、営業、支社長等を歴任。勤務の傍ら、関西有力私大で非常勤講師を勤めるとともに、NPO団体で医療に関する電話相談のボランティアにも参加。47歳の時に関連会社から本部機構に転勤してまもなく「うつ」症状になり、約2カ月間休職。その後、平社員として復職、1年足らずで役職に復帰。今後の夢は、「うつ」を経験したことも活かしながら、キャリアカウンセラーとして、ビジネスマンの顔つきが良くなることに貢献すること。また、中高年ビジネスマンを聞き手としたラジオ番組をプロデュースして、パーソナリティになる夢も実現したいと考えている。平成15年(2003)2月、初級産業カウンセラー、心理相談員資格取得

出版社内容情報

【解説】
ある中年ビジネスマンが、職場の配置転換をきっかけに「うつ」にかかる。妻に助けられて医師を訪れ、診断書をもらい、会社の上司に報告し、療養休暇の手続きをするなど、具体的な対処を書き、何を悩み、何に救われ、どうやって「うつ」から脱出したかを紹介。「こころの風邪」ともいわれるほど、かかりやすい「うつ」だが、扱いをまちがうと自殺に至る。本書は患者側から、会社とのやりとりなども含めて書かれていて参考になる。序文は大原健士郎先生。