論点法律学<br> 手形・小切手法30講

論点法律学
手形・小切手法30講

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 23X17cm
  • 商品コード 9784417007708
  • NDC分類 325.6
  • Cコード C3332

内容説明

重要論点をめぐって手形学説がどのように対立しているか、その根拠、論点に関する推論の過程を示した上で、著者の結論が導かれるという構成により、あなたの学んだ基本書をもう一段深く理解することができよう。結論の記憶による「学習の整理」ではなく推論の流れを追体験することが実力を養成する。司法試験に最適の参考書。

目次

手形の特質
手形行為総論
手形行為の成立
意思表示の瑕疵・意思の欠缺
他人による手形行為―代理(代表)・代行
手形行為と無権代理・表見代理
手形行為と利益相反行為・名板貸
偽造
変造
手形と原因関係
振出
白地手形
裏書
手形行為独立の原則
手形抗弁
善意取得
除権判決
保証
支払
支払の猶予
遡求
時効
利得償還請求権
為替手形に特有の問題
小切手に特有の問題