Chart books special issue
大地という名の食卓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 115p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784410138935
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0026

内容説明

世界を歩いた旅人が各地の「食の記憶」をいま掘りおこす。6つの心象を綴った言葉と写真。

目次

1 インドのカレー
2 アラスカのイクラ丼
3 北極のオートミール
4 アルゼンチンのアサード
5 チョモランマのこんにゃくゼリー
6 ミクロネシアのパンノミ

著者等紹介

石川直樹[イシカワナオキ]
1977年6月30日東京生まれ。高校2年の時に1カ月間インド・ネパールを一人旅、以降世界中の様々な場所を旅する。1997年、ユーコン川・ホワイトホース‐ドーソン間約900キロを単独でカヌー漕破。川下り後、南東アラスカを旅する。1997年、ミクロネシア連邦ウォレアイ島に滞在、スターナビゲーションと出会う。1998年から2001年に、Mt.マッキンリー、Mt.エルブルース、Mt.キリマンジャロ、Mt.ビンソンマシフ、Mt.アコンカグア、Mt.コジウスコ、Mt.チョモランマと、世界7大陸の最高峰を次々に登頂。2000年、地球縦断プロジェクト「Pole to Pole 2000」に日本代表として参加。世界7カ国の若者と共に、4月5日から12月31日まで、9カ月間かけて北磁極から南極点までをスキー、自転車、カヤック、徒歩などの人力で踏破。2002年、インド再訪。その後、パキスタン、アフガニスタン、イランなどを旅し、ニューヨークへ。一時帰国後アフガニスタンを再訪し、全土をまわった。同年9月、早稲田大学卒業。現在、東京芸術大学大学院在学中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。