日本料理文化史―懐石を中心に

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 267p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409540633
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C3039

出版社内容情報

大饗料理、本膳料理、精進料理、そして懐石の誕生――日本料理の原点の特質と変遷。

内容説明

今や世界的ブームになっている日本料理の原点は懐石料理にある。その特質と背景にせまる初めての試み。NHKテレビ「趣味悠々」の「懐石の心にふれる」に出演した著者が、懐石の歴史をまとめる。

目次

第1部 懐石誕生(懐石の誕生;近世公家の懐石;千家茶会記にみる懐石;茶書にみる懐石の心得)
第2部 懐石以前(大饗料理;本膳料理;精進料理;食の作法)
第3部 料理文化の背景(中世の食文化点描―大工・荘園・都市;日本の食事文化における外来の食)

著者等紹介

熊倉功夫[クマクライサオ]
1943年東京生まれ。東京教育大学文学部史学科卒業。日本文化史専攻。文学博士。京都大学人文科学研究所講師、筑波大学教授を経て、1992年より国立民族学博物館民族文化研究部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

俊介

4
本来なら一口に日本料理といっても幅広いのであろうが、本書では主に、貴族や武士、金持ち町人たちが宴などのハレの場面で食べていた料理に絞り、その歴史を辿る。 言わば宴会料理の歴史だ。平安時代から江戸時代までのその発展を、文献に残されているメニューを丹念に追いながら解説する。当時は「料理名」という概念は無く、文献には、使われた素材と「焼、和える」などの調理法が書かれてるに過ぎない。それでも読んでいると、結構美味しそうだ。。改めて思うのは、宴会(=お酒でワイワイやる)が好きなのはいつの時代の人も一緒なのだなと。2019/09/04

チュルちゃん

0
一汁三菜が懐石料理の言葉とは知らなかった。そして、懐石料理が茶の湯の料理という事も知らなかった。 楽しむには自分の知識が足りなさすぎたかなという印象。 井伊直弼の流儀が完成しなかったのは残念。2021/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2271794

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。