フロイト著作集 〈9〉 技法・症例篇 小此木啓吾

個数:

フロイト著作集 〈9〉 技法・症例篇 小此木啓吾

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 00時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 517p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409310090
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3311

出版社内容情報

「フロイトの精神分析の方法」「精神療法について」「精神分析療法の今後の可能性」「精神分析学概説」など技法に関する十六論文と、「強迫神経症の一症例に関する考察」「自伝的に記述されたパラノイアの一症例に関する精神分析的考察」など症例三論文収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Z

10
分析の方法論と症例の二部構成。方法論の他に「精神分析概説」があり『精神分析入門』より薄くフロイトの思想が纏まっていてかなり良かった。五大症例のうち強迫神経症とパラノイアの患者を扱った論文を収録。強迫神経症はヒステリーと異なり精神的なものから身体的な活動への飛躍を含まない。リビドーは思考過程へ向けられそれが強迫観念を引き起こす。パラノイアは同性愛的な願望への防衛規制として語られ、パラノイア妄想は私=男が彼を愛するという命題に対する否定の仕方を三種+一種あげ、妄想形成の過程を説明し、議論の白眉と思う。ラカンの2018/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/330772

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。