それでも人生にイエスと言う

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

それでも人生にイエスと言う

  • ウェブストアに129冊在庫がございます。(2021年09月23日 14時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393363607
  • NDC分類 114.5
  • Cコード C0011

出版社内容情報

ナチスによる強制収容所の体験として全世界に衝撃を与えた『夜と霧』の著者が,その体験と思索を踏まえてすべての悩める人に「人生を肯定する」ことを訴えた感動の講演集。

内容説明

『夜と霧』の著者として、また実存分析を創始した精神医学者として知られるフランクル。第二次大戦中、ナチス強制収容所の地獄に等しい体験をした彼は、その後、人間の実存を見つめ、精神の尊厳を重視した独自の思想を展開した。本講演集は、平易な言葉でその体験と思索を語った万人向けの書であり、苦悩を抱えている人のみならず、ニヒリズムに陥っている現代人すべてにとっての救いの書である。

目次

1 生きる意味と価値
2 病いを超えて
3 人生にイエスと言う

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

279
初フランクル。講演内容を本にまとめたもので、フランクルの本のなかでは読みやすいらしいが、それでもやっぱり抽象的でむつかしい。解説もけっこうなページ数だが、やっぱり難しめ。先にフランクル哲学の骨子をネットで知っておくと、書いてあることが理解しやすい。人生を肯定的に捉えるには、人生に意味を問うのではなく、意味に関して人生からの問いに自らが答えなければならないという逆転的な発想はおもしろい。もう少し関連図書も読んでみたい気がする。2018/01/05

ケイ

147
強制収容所を生きのびたユダヤ人が1946年に語る生きる意味は、今とは根本的なところに違いがある。とはいえ、なぜ生きるのか、生きる価値、自殺を選ばず生きる意義については、同じなのだと頷くしかない。そして、究極的には「ハレとケ」に集約出来るのではないかと思う。どんなにつらい時でもふと笑えることがあれば、ということも含んで。楽しいことだけ選んで暮らせば、真の楽しみ、幸福は得られないのは真理。生きがいとは、生きる意味。収容所の場合は、生き延びようという意思になる。想像の及ばない過酷さを生き延びた人々に喝采を。2021/03/05

mukimi

104
性根尽き果てた極限状況では思考回路はぶちぶち切れて哲学なんか届かないことはよく知ってる。それでも、明日が来るのが怖い人に伝えられることはないか。「我々は人生から何を期待できるかという自己中心的な人生観では限界状況に耐えられない。人生は何を我々から期待しているかという観点に変更せよ。人生が出す問いに答える責任が我々にはある。」苦しい時に責任なんて言われても糞食らえだろう。その責任が苦しいのだ。でも、あなたに出来ることはこの人生にまだあると伝えたい。極限状態でもどう生きるかの自由が私達にはあることを伝えたい。2020/07/26

抹茶モナカ

96
人生に何かを期待するのではなく、人は逆に人生に問われているのだ、という考え方で有名なフランクルの講演録。人生が人に意味を問い、日々、人は人生から課された課題をこなして生きていく、という考え。それは、突き詰めれば宗教的な境地だけれど、その考えを思い出せば、乗り切れる苦悩もある、と、思った。人生の意味を考えていて、読んでみた。人間らしい苦悩を味わえている、と言えば幸せだけれど、僕の心象風景はこのところ暗い。本を読むのも億劫で、死んでしまいたくなっていて。でも、それはルール違反らしいので、じっと堪える。2016/10/11

優希

79
極限状態を極限状態として語らず、日常として語っているので読みやすかったです。3つの講演をまとめていますが、その思想は前向きで力強いものでした。生きる意味は求めるものではなく待っているものなんですね。人生に意味はあるのかという問いに答えを探したくなりますが、その問いからして異なるということを教えてくれます。「生きたい」というより「生きなければならない」と思う方が自殺願望などは消えて行くような気がします。人は誰でもいつかは死ぬものです。その「気付き」と意識によって生きる意味が見えるのだと思いました。2014/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1299

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。