新・人と歴史拡大版<br> 中国史にみる女性群像―悲運と権勢のなかに生きた女性の虚実

個数:
  • ポイントキャンペーン

新・人と歴史拡大版
中国史にみる女性群像―悲運と権勢のなかに生きた女性の虚実

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月10日 18時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784389441173
  • NDC分類 222
  • Cコード C1222

内容説明

本書は、秦末、楚・漢抗争から清朝の滅亡までのおりおりに歴史を彩った女性群像を選び、その歴史の虚実、光と陰とをえがくものである。

目次

1 項羽と虞美人(楚・漢の抗争;垓下の戦い)
2 漢の高祖をめぐる二人の女性(呂后と戚夫人との葛藤;政権を手中にした呂太后;項羽と劉邦の人物評価)
3 女流文学者班昭とその家系―班家の人びと(女流文学者班昭;班家の世系;班固と『漢書』;班超と西域経営)
4 異境に嫁いだ公主たち(烏孫王に嫁いだ細君;匈奴王に嫁いだ王昭君―その実像と虚像;吐蕃(ティベット)王に嫁いだ文成公王―唐とティベット王国との関係を背景に
「蔡文姫、都に帰る」史話)
5 政権を握った女性たち(北魏朝の文明太后;唐朝の則天武后;清朝の西太后)

著者等紹介

田村実造[タムラジツゾウ]
1904(明治37)年、香川県に生まれる。京都帝国大学文学部史学科東洋史学専攻卒。京都大学教授、京都女子大学学長を歴任。京都大学名誉教授。文学博士。1953年、「慶陵の研究」で朝日賞、1954年日本学士院恩賜賞受賞。1999年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。