新・人と歴史拡大版<br> 安禄山と楊貴妃―安史の乱始末記

個数:

新・人と歴史拡大版
安禄山と楊貴妃―安史の乱始末記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月18日 08時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784389441159
  • NDC分類 222.048
  • Cコード C1222

内容説明

中世より近世へ、歴史はまさに激しく変わろうとする唐の開元・天宝時代。豪華絢爛たる宮廷生活を舞台に、奇しき縁で結ばれた男と女たち。天性の美貌のゆえに運命に翻弄され、悲劇へと導かれる楊貴妃…運命にあらがい、あらゆる策を駆使しながら人生との闘争にあけくれた安禄山…畢竟、かれらが得たものは何であったのか。本書は、繁栄をほこった大唐帝国がようやく衰えはじめた激動の時代を縦糸に、安禄山・楊貴妃・玄宗皇帝の生き様を横糸にして、己がじし織りなす人間模様を鮮やかに描きだす。

目次

1 安禄山の挙兵とその背景
2 楊貴妃の登場
3 暗雲ひろがる
4 享楽の宴
5 国破れて山河あり
6 破局そして暗転

著者等紹介

藤善真澄[フジヨシマスミ]
1934(昭和9)年、鹿児島市に生まれる。京都大学大学院博士課程修了。神戸女子大学助教授、関西大学教授など歴任。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。