遠近法で見る浮世絵―政信・応挙から江漢・広重まで

遠近法で見る浮世絵―政信・応挙から江漢・広重まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊/高さ 22cm
  • 商品コード 9784385356532
  • NDC分類 721.8
  • Cコード C0070

内容説明

数学の文化史研究の国際的権威が、江戸期浮世絵の遠近法習熟の過程を、奥村政信・円山応挙から司馬江漢・歌川広重まで、克明に分析した快著。

目次

第1章 江漢の東海道五十参次との出会い、その驚き
第2章 奥村政信の数学的遠近法
第3章 中国の年画の数学的遠近法
第4章 円山応挙の数学的遠近法
第5章 曙山と江漢の数学的遠近法
第6章 江漢と広重の東海道五十参次画帖の数学的遠近法
補章 数学的遠近法に関する作図と性質