弁護士法概説 (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 438p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784385321479
  • NDC分類 327.14
  • Cコード C3032

内容説明

平成15年の大改正を踏まえた待望の改訂版。弁護士法の規定を体系的に解説し、全体像を明らかにする最新の概説書。簡明な解説と豊富な資料。弁護士の業務研修や実務に最適。資料として、旧弁護士法、日弁連会則、弁護士倫理、広告規程、法人規程を収録。弁護士法条文索引、判例索引、事項索引を完備。

目次

第1章 弁護士制度
第2章 弁護士の使命と職務
第3章 弁護士の資格・登録
第4章 弁護士の権利義務
第5章 弁護士法人
第6章 弁護士会と日本弁護士連合会
第7章 懲戒
第8章 非弁護士の取締り
第9章 外国法事務弁護士

著者等紹介

高中正彦[タカナカマサヒコ]
1951年8月千葉県茂原市にて出生。1974年3月早稲田大学法学部卒業。1979年4月弁護士登録(東京弁護士会所属)。主な経歴、日本弁護士連合会関係=調査室室長、常務理事、弁護士制度改革推進本部事務局長。東京弁護士会関係=副会長、弁護士法人問題協議会座長、入退会営業許可審査委員会委員長、会則等改正委員会・人事委員会・司法改革推進センター各副委員長ほか
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。