名もなき毒

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 489p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784344012141
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。

著者紹介

宮部みゆき[ミヤベミユキ]
1960年東京都生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理新人賞を受賞しデビュー。92年「龍は眠る」で日本推理作家協会賞、同年「本所深川ふしぎ草紙」で吉川英治文学新人賞、93年「火車」で山本周五郎賞、98年「理由」で直木賞、2002年「模倣犯」で司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

★第41回吉川英治文学賞受賞作
連続無差別殺人事件。あらゆる場所に「毒」は潜む。
誰が、何故、何のために? そして、事件は、それぞれの”名もなき”人生を炙り出す──。