のじぎく文庫<br> 神戸とお好み焼き―まちづくりと比較都市論の視点から

個数:

のじぎく文庫
神戸とお好み焼き―まちづくりと比較都市論の視点から

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 141p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784343002051
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0036

内容説明

関西の代表的な庶民の味、お好み焼き。大阪のイメージが強い食べ物ですが、実は神戸にも、独自のお好み焼き文化が根づいています。「にくてん」をルーツとし、個人経営の店が多く、また、そんな店だけに卸すソース「地ソース」を作る会社が8社もある―そんなユニークな“神戸のお好み焼き文化”に注目した初めての本。まちづくり・地域デザインを専門とする著者が専門家としての立場から、食文化論を超えた斬新な考察を展開します。

目次

第1章 地域に密着した地ソース文化(ソースはベンチャービジネスで始まった;ブランドと独自のセンス力 ほか)
第2章 神戸のお好み焼き・にくてんとは?(神戸のお好み焼き店;お好み焼きの前身「にくてん」と「洋食焼き」 ほか)
第3章 お好み焼きはなぜ混ぜるようになったのか(昭和一〇年代にお好み焼き誕生;お好み焼きという名称 ほか)
第4章 お好み焼き比較都市論―ガイドブックを読む(旅行ガイド・グルメ雑誌への登場;昭和四〇年代のお好み焼き ほか)
第5章 お好み焼き屋とまちづくり―神戸市兵庫区浜山地区をフィールドに(お好み焼き屋さんが日常のなかに;浜山のお好み焼き屋さんの移り変わり ほか)

著者等紹介

三宅正弘[ミヤケマサヒロ]
1969年(昭和44年)芦屋市生まれ。地域計画家。工学博士。関西大学建築学科卒、京都大学大学院修士課程修了、大阪大学大学院博士課程修了。三宅正弘環境デザイン研究所を経て、現在、徳島大学工学部建設工学科助手。関西学院大学、武庫川女子大学非常勤講師も務める。石やケーキなど地域に根ざしたものを素材にユニークなまちづくりを提唱する
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。