線形弾性論の基礎

個数:

線形弾性論の基礎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月16日 21時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 164p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784339045642
  • NDC分類 501.33
  • Cコード C3053

内容説明

本書は、著者の東北大学工学部および大学院工学研究科における講義の経験に基づき、材料力学に引き続いて、機械・構造物の合理的な設計基準を定めるための基礎工学である線形弾性論について入門的内容を解説したもので、工学部2・3年次学生を対象とした初級レベル入門書である。また、大学院生・研究者が中・上級レベルの弾性および固体の力学を勉強するための入門的参考書としても有用である。

目次

1 応力と平衡方程式
2 変形とひずみ
3 Hookeの法則と弾性基礎式
4 棒の弾性問題
5 2次元弾性問題
6 有限要素法と境界要素法
7 線形弾性論の応用例

著者等紹介

進藤裕英[シンドウヤスヒデ]
1977年東北大学大学院工学研究科博士課程修了。工学博士。1981年東北大学助教授。1991年東北大学教授。現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。