北海道神宮研究論叢

個数:

北海道神宮研究論叢

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 395p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784335160769
  • NDC分類 175.915
  • Cコード C3014

内容説明

北海道の開拓と札幌の形成とともに、開拓の守護神として発展した、北海道神宮。創建以降、その歩んだ道程を多様な角度から論究する。

目次

札幌神社(北海道神宮)小論―社格上の特異性を中心に
札幌神社から北海道神宮―明治天皇御増祀の経緯
明治初期の北海道開拓と札幌神社の創建・展開
海外神社の系譜にみる北海道神宮―総鎮守祭神と明治天皇御鎮座
札幌神社の祭神―大國魂神の神徳をめぐって
札幌まつりの形成期―山車と祭礼行列に注目して
札幌神社における教化活動―月報「北海だより」の刊行意義
札幌神社末社開拓神社の創建について―開拓功労者顕彰活動を中心に
特論 明治六年、札幌神社初代宮司梅津教知の布教二題