光文社新書<br> 目に見える世界は幻想か?―物理学の思考法

個数:
電子版価格 ¥842
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
目に見える世界は幻想か?―物理学の思考法

  • 松原 隆彦【著】
  • 価格 ¥842(本体¥780)
  • 光文社(2017/02発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌全点ポイント5倍キャンペーン(店舗受取サービスは対象外です)
  • ポイント 35pt
  • 提携先に20冊在庫がございます(2018年01月23日 07時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 280p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039684
  • NDC分類 420
  • Cコード C0242

内容説明

現代の物理学は、人間の思考を根底から支配している常識を捨て去ることで進展してきた。天上世界と地上世界は同じ法則によって動いていることを明らかにしたニュートン。時間や空間が誰にとっても同じものではないことを示し、世界の見方を変えたアインシュタインetc.人間の見た目通りの世界は、本当の世界の姿なのか。人間の存在は、その物理的世界の中でどのような位置を占めているのか。近代物理学の誕生の経緯、そして物理学に大きな革命をもたらした量子論と相対論の成り立ちを概観。物理学とは、常識に対する挑戦である―。日々の生活のヒントにもなる、数式・図表を用いない物理学の入門書。

目次

第1章 物理学の目的とは何か
第2章 天上世界と地上世界は同じもの
第3章 すべては原子で作られている
第4章 微小な世界へ分け入る
第5章 奇妙な量子の世界
第6章 時間と空間の物理学
第7章 時空間が生み出す重力
第8章 物理学の向かう先

著者紹介

松原隆彦[マツバラタカヒコ]
1966年長野県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科・准教授。京都大学理学部卒業。広島大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。東京大学大学院理学系研究科・助手、ジョンズホプキンス大学物理天文学科・研究員、名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構・准教授などを経て現職。2012年度、第17回日本天文学会・林忠四郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



松原隆彦[マツバラ タカヒコ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件