• ポイントキャンペーン

光文社新書
数学的ひらめき

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334033774
  • NDC分類 410
  • Cコード C0241

出版社内容情報

数学は日常生活や社会とは無関係?
ヤミ金融と消費者金融の本質、予想屋さんの結果から見た確率、名刺手品の証明など、数学と他分野とのかかわりを見ながら、その「迷信」を解く。人気授業のエッセンスを公開。

内容説明

レトロ気分の団塊世代が懐かしむ15ゲームで完成するものはなぜ半分か、不動点の応用としての名刺手品、ヤミ金と消費者金融の本質、予想屋さんの結果から見た確率、誕生日当てクイズなどを始め、著者が最近発表したあみだくじの発想による意外な別証明も解説する。

目次

第1章 整数による表現(樹形図による数え上げ;割り算の「あまり」とカレンダー;実数・整数・素数;誕生日当てクイズ;符号化した整数)
第2章 変化を捉える数学(大小比較とドント方式;利息と対数;数列の和と元利均等返済;級数と確率)
第3章 図形と測定(アルキメデスから学ぶ図形;測定を楽しもう;黄金比は美しいのか;不動点の一例となる名刺手品)
第4章 確率(確率という言葉;過去を見る確率と予想屋;じゃんけん;偶然性のゲームと策略のゲーム)
第5章 あみだくじと15ゲーム(数学的帰納法とあみだくじ;あみだくじの具体的な仕組み方;あみだくじによる偶置換・奇置換一意性の証明;15ゲームが完成するための必要十分条件)

著者等紹介

芳沢光雄[ヨシザワミツオ]
1953年東京都生まれ。学習院大学理学部数学科卒業。慶応義塾大学商学部助教授、城西大学理学部教授を経て、東京理科大学理学部教授(大学院理学研究科教授)。理学博士。専門は数学・数学教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

はち

4
簡単かと思ったら立派な高校数学。ちょっとした罰ゲームでした。2011/01/12

nagata

1
数学的なひらめきの裏には、地道な試行錯誤が必要だということを随所で痛感させられる。あみだくじの仕組みの件は一読の価値あり。2015/07/05

noritsugu

0
最後の方はなかなか難しい…2010/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/536578

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。