光文社新書<br> アンダースロー論

個数:
電子版価格 ¥680
  • 電書あり

光文社新書
アンダースロー論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年02月21日 18時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334033712
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0275

内容説明

なぜ、90キロのボールが打てないのか?世界一低いから可能な常識を覆す投球論。

目次

第1章 本格派から技巧派への決断―スピードへのこだわりが消えた日
第2章 アンダースローの技術―「前後の距離感」で打者を翻弄する
第3章 勝つための工夫と実践―最高の投球をするため、実践していること
第4章 WBCで経験した世界の野球―アンダースローだから、あの場所にいられた
第5章 プロ野球・投手の葛藤―シーズンを通して続く、試行錯誤の追求
第6章 アンダースロー・渡辺俊介ができるまで―幸運な出会い、多くの恩人によっていまの僕がある

著者等紹介

渡辺俊介[ワタナベシュンスケ]
1976年栃木県生まれ。國學院栃木高校、國學院大學、新日鐵君津製鐵所を経て、2001年千葉ロッテマリーンズに入団。入団三年目よりローテーション入り。現在、球界屈指のアンダースロー投手として活躍中。2005年、過去最高の一五勝(四敗)をあげ、千葉ロッテマリーンズの日本一に貢献。プロ野球最優秀バッテリー賞受賞。2006年には、第一回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)において、日本代表チームの優勝に貢献(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。