光文社新書<br> 犯罪は「この場所」で起こる

電子版価格 ¥704
  • 電書あり

光文社新書
犯罪は「この場所」で起こる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 249p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334033194
  • NDC分類 326.35
  • Cコード C0236

内容説明

門が閉まっていれば入らなかった―大阪小学校内児童殺傷事件の公判で、加害者はこう述べたという。従来、犯罪対策は、犯罪者の人格や劣悪な境遇(家庭・学校・会社など)に犯罪の原因を求め、それを除去しようとすることが中心であった。しかしながら、このような処遇プログラムは結局再犯率を下げることができなった。こうした「原因追及」の呪縛を解き、犯罪の予防に新しい視点を与えるのが、「犯罪機会論」である。本書では、どのような「場所」が犯罪を引き起こすのか、また、物的環境(道路や建物、公園など)設計や、人的環境(団結心や縄張り意識、警戒心)の改善を通して、いかに犯罪者に都合の悪い状況を作りだし、予防につなげることができるのかを、豊富な写真と具体例で紹介する。

目次

第1章 機会なければ犯罪なし―原因論から機会論へ(欧米の犯罪対策はなぜ成功したのか;新しい犯罪学―犯罪をあきらめさせるアイデア)
第2章 犯罪に強い空間デザイン―ハ-ド面の対策(「防犯環境設計」で守りを固める;監視カメラが見守る、監視カメラを見張る)
第3章 犯罪に強いコミュニティデザイン―ソフト面の対策(「割れ窓理論」で絆を強める;被害防止教育の切り札「地域安全マップ」の魅力)
第4章 犯罪から遠ざかるライフデザイン―もう一つの機会論(立ち直りの「機会」をどう与えるか;非行防止教育で「対話」と「参加」を促す)

著者等紹介

小宮信夫[コミヤノブオ]
立正大学文学部社会学科助教授(社会学博士)。中央大学法学部法律学科卒業。ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科修了。法務省、国連アジア極東犯罪防止研修所、法務総合研究所などを経て現職。専攻は犯罪社会学。東京都「治安対策専門家会議」委員、東京都「地域安全マップ専科」総合アドバイザー、東京都「非行防止・犯罪の被害防止教育の内容を考える委員会」座長、広島県「子どもの安全な環境づくりアドバイザー」、青森県「防犯環境設計アドバイザー」、鹿児島県「100人委員会」委員、富山県「新総合計画研究会」委員、文部科学省「防犯教育及び学校の安全管理に関する調査研究協力者」など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ちくわん

18
2005年8月の本。犯罪社会学の理論と実践による治安の再生を目指す。機械の目(監視カメラ)と人の目(パトロール)。なるほどの内容だが、果たして購入時、タイトルからこの内容を想像したであろうか?ということの、ザット読み。でも、確かに来週からの当然の休校で地域の治安は大丈夫なのか?仕事がなければ、ずっと町内を散策するのだが…あっ!私が怪しいか。2020/03/01

ATS

14
★★★意図的なデータの抽出や恣意的な解釈があるが、説明している犯罪機会論という概念がなかなか興味深い。『犯罪者の「心」ではなく、犯罪が起こる「場所」に注目すること。そして、避けられる「犯罪が起こりやすい場所」は避け、避けられない「犯罪が起こりやすい場所」では用心に用心を重ねること。さらに、自分のいる場所を、物理的・心理的なバリアを張って「入りにくく」するとともに、物理的・心理的な視界を良好にして「見えやすく」すること。それが、犯罪の被害に遭わないための、最も現実的で効果的な方法なのである』(P10)2016/10/28

がっち

8
事例本って感じかな。コミュニティビジネスも絡めてあり、犯罪は見えないところで起こるということが裏付けている本かと思う。犯罪をつくらさせない体制をつくっていくこと。それが治安につながりコミュニティの再生にもつながるのではないだろうか。2013/06/05

イリエ

5
新書というより、実用書に近い気がします。犯罪の裏にある社会にある家族や共同体の変化に納得しました。2017/03/22

きいち

5
著者自体も実際の防犯現場に取り組んでいる人。実際自分も小学校支援や町会に参加しているが「防犯」の話題はみんな最も真剣だ。これまで経験値的に語られてきた「挨拶が多い町は空き巣が少ない」「落書きがない商店街はひったくりが少ない」にちゃんとバックボーンがあったんだとわかる。各種事例は、それぞれの地域で取捨選択すればいいと思う。 犯罪が起こりやすい環境は被害者にとってだけでなく、ゲームやフィクションで解消できていたかもしれない加害者にとっても罪なのだから。2011/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/434949

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。