光文社新書
現代建築のパースペクティブ―日本のポスト・ポストモダンを見て歩く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 306p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334033156
  • NDC分類 523.1
  • Cコード C0252

内容説明

巨大インテリジェントビルから個人宅まで、「現代」を代表する建築の見方・愉しみ方を提案する。

目次

序 「現代」建築とは
第1章 東京建築を見る
第2章 地方建築を見る
第3章 住宅を訪問する
第4章 クルマから観察する
第5章 日本の建築家たち

著者等紹介

五十嵐太郎[イガラシタロウ]
1967年フランス・パリ生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。東北大学工学部助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

コットン

67
第一章の東京建築を見る:ヘルツォーク&ド・ムーロン設計のカットされたクリスタルのような「プラダ青山店」がいい。そして日本の建築の系譜が載っているのも面白い。2015/07/03

ネムル

6
現代建築を90年代以降と割り切るスタンスによって、巨匠以外にも若手の建築家も多く紹介。それがまた、でかい建築プロジェクトにかかわりにくいという現況への批判にも関わってくるのだが、そのため個人住宅について多くのページが割かれているのが面白い。同時に、仕事が少ない若手建築家がいかに都市に関わっていくか、その探求にもなっている。全体の半分以上を占める建築・住宅紹介は、情報が圧縮されている上に写真が見にくいので閉口するが、しかし後半は特に読み応えがあった。2015/06/28

Yasomi Mori

2
建築家・建築批評家の著者とともに、国内の現代建築を「眺めて歩く」ことを意図したような一冊。自動車と建築の関係を考察する第4章にいちばん興味をもった。人間の身近な身体感覚とはちがう暴力的な存在、人間同士の交流を阻害する異物、といったクルマ観をもつ世代と、生まれたときにはすでに車社会が当たり前だった世代。駐車場は景観を破壊するゆえに当然に隠すアプローチから、積極的に生活空間・交流の場として取り込んでしまうべきだとする発想へ。団地やコンビニでも同じような価値転倒は生じている。写真のショボさ以外はおおむね良書。2015/01/31

サカモトマコト(きょろちゃん)

1
現代建築の魅力が詰まった本。 今から15年前に出版された本という事で紹介されている情報は古いのですが、建築物を作品として見つめなおすと今まで見えてこなかった建築物の美が見えてくような気がしました。2020/11/29

なりた

1
再読2015/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/407383

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。