光文社新書<br> マニフェスト―新しい政治の潮流

電子版価格 ¥693
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
マニフェスト―新しい政治の潮流

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334032203
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0231

内容説明

二〇〇三年秋、衆院解散。マニフェスト選挙、始動―。マニフェスト(政権公約)とは数値、財源、期限の入った選挙公約のことで、誕生は一八三四年の英国に遡る。日本では最近になって、地方からの新しい政治の波としてスタートし、とうとう中央の政治舞台でも主役に躍り出た。「公約なき国ニッポン」に政策本位の政治を取り戻すことができるか―。本書では、「マニフェスト」を追い続けてきた新聞記者である著者が、マニフェストがどんな歴史と効力を持ち、日本の政治をどう変えてゆくのか、また理想のマニフェストとはどうあるべきか、などを、永田町での豊富な取材を元に、臨場感を交えて解説する。

目次

第1章 マニフェストの誕生
第2章 公約なき国ニッポン
第3章 はじまりは地方から
第4章 中央で高まるマニフェスト熱
第5章 政党別マニフェスト比較―初のマニフェスト選挙を迎えて
第6章 理想のマニフェスト―15のポイント

著者等紹介

金井辰樹[カナイタツキ]
1963年、愛知県生まれ。慶応義塾大学文学部史学科卒業後、中日新聞社(東京新聞)入社。浦和支局勤務を経て東京本社政治部。自民党、野党、官邸記者クラブなどを担当。’99年から3年間、ワシントン特派員(政治担当)として米国総局勤務。2000年大統領選、米中枢同時テロなどの取材にあたる。現在は政治部に戻り、遊軍キャップとしてマニフェスト報道を担当している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。