光文社新書<br> 月と日本建築―桂離宮から月を観る

電子版価格 ¥693
  • 電書あり

光文社新書
月と日本建築―桂離宮から月を観る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334032104
  • NDC分類 521.8
  • Cコード C0221

内容説明

古来、観月と日本建築は深く結びついていた―。なかでも、八条宮智仁親王によって創建され、「日本の美のシンボル」と称される桂離宮、斜陽の将軍・足利義政が晩年の情熱のすべてを傾けた銀閣寺、豊臣秀吉が「不死身」を祈って造った伏見城を語る上で、月の存在を無視することはできない。日本文化に重要な痕跡を残した彼らは、どんな月を眺めていたのだろうか。敗者のシンボルか?滅びの美か?月に翻弄された数奇なドラマがここにある。

目次

第1章 桂離宮―月を仕掛けた建築(桂の地と月;さまざまな観月への配慮 ほか)
第2章 観月と日本建築(義満・義政と世阿弥;幽玄美のルーツ・西行の月 ほか)
第3章 勝者と敗者のシンボル(桂離宮と東照宮;勝者の象徴と敗者の象徴 ほか)
第4章 伏見城―豊臣秀吉の死の不安(たび重なる身内の死と朝鮮出兵;月と狂気 ほか)
第5章 銀閣寺―足利義政の孤独、月への逃避(銀閣寺の紅葉が美しい理由;月への逃避 ほか)

著者等紹介

宮元健次[ミヤモトケンジ]
1962年生まれ。1987年東京芸術大学美術研究科修了。現在、龍谷大学国際文化学部助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

和草(にこぐさ)

12
月への想いが強かった時代。月を観る為に軒を短くしたり、櫓を建てる。今では考えられないほど月を意識し、見ていたのですね。2014/06/24

スズツキ

5
リフレッシュ感覚で頭を空にしてさらっと読もうとしてたが、思いのほか面白く結構考えながら読んでしまった。本筋とずれるが、銀閣についての記述が非常にインパクトがあった。そうか、そんな歴史があったのか……。2015/06/03

編集兼発行人

1
我国において月が建築へ及ぼした影響に関する考察。桂離宮伏見城銀閣寺といった有名な建造物を主な材料にしながら観月という目的が構造や意匠の中心的な主題に置かれた際の考え方と往時の状況とを平易な言葉で解説するという構成。中秋や春秋分など節目において最も美しく鑑賞できる方位に合わせて書院の向きを決定する程の配慮や政争での波乱から周囲への不信感が施主に齎す無常感により引き起こされる彼岸への指向などを垣間見るにつけ同様の権力に基づきながらも豪華絢爛で無節操な誇示とは対極の寂寥感と我儘加減とが皮肉にも表出されている感。2014/10/15

ビシャカナ

1
日本建築や日本美術に対する考え方や見方として面白い。月を幽玄やわびさび、未完の美や滅びの象徴として日本建築のみならず、和歌や宗教などを読み解く月に関する文化論でもある。しかし論理の飛躍に事実誤認や根拠薄弱が見られる。そしてどうにもネットで調べた限りでは専門である桂離宮に関する理論ですら疑問があるようだ。あくまでも数ある中の一つの考え、一つの物の見方として捉えておこう。一方で銀閣寺の章は義政の狂気を感じる読み物として秀逸。2014/04/06

nibiiro_sora

0
勉強になりました。歴史を知ることは、いろいろな視点を獲得することなのですね。2012/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12236

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。