天才博士の奇妙な日常

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326248315
  • NDC分類 402.8
  • Cコード C1023

出版社内容情報

創造的な業績を残した天才科学者の中には、生涯を通じて精神的な病に悩まされたものが多い。天才の創造性と精神の病との間にはどのような関係があるのだろうか。
 絶え間ない幻視と細菌恐怖症にとりつかれたテスラ(ナイアガラ瀑布発電所を成功に導いた電気工学者・発明家)、強迫的な計測マニアだったゴールトン(人類学、遺伝学の研究で著名な科学者。優生学の創始者)、心気症をかかえていたカーワン(地質学者、気象学者。科学的天気予報の開拓者)、暗く閉ざされた部屋にこもり、鳥だけを友としたヘヴィサイド(大気中の電離圏を予見した電

【目次】
Ⅰ プロファイル
イントロダクション
 1 マンハッタンのハト男
    ニコラス・ステラ
 2 デヴォンシャーの虫男
    オリヴァー・ヘヴィサイド
 3 リッチフィールドのウサギ食い男
    サミュエル・ジョンソン
 4 ゴールウェイのハエ男
    リチャード・カーワン
 5 ロンドンのネズミ男
    ジェレミー・ベンサム
 6 ロンドンの羊男
    ヘンリー・キャベンデッシュ
 7 バーミンガムの挫けた脳
    フランシス・ゴールトン
 8 コーンウォール・ガーデン氷男
    ジェフリー・バイク

Ⅱ フィナーレ
エピローグ
 9 ささやかな狂気

訳者解説
訳者あとがき            

内容説明

三という数字にとりつかれたテスラ(交流電力システムを完成させた発明家)、ネズミの背中を何時間も撫で続けたベンサム(功利主義の創始者)、仇敵ハエとの闘いに命をかけたカーワン(科学的天気予報の開拓者)、うだるように暑い部屋に引きこもり、小鳥を友としたヘヴィサイド(電離層の存在を予言した物理学者)―奇癖に囚われた天才科学者の生涯にまつわるエピソード。

目次

1 プロファイル(マンハッタンのハト男―ニコラ・テスラ;デヴォンシャーの虫男―オリヴァー・ヘヴィサイド;リッチフィールドのウサギ食い男―サミュエル・ジョンソン;ゴールウェイのハエ男―リチャード・カーワン;ロンドンのネズミ男―ジェレミー・ベンサム;ロンドンの羊男―ヘンリー・キャベンディッシュ;バーミンガムの挫けた脳―フランシス・ゴールトン;コーンウォール・ガーデンの氷男―ジェフリー・パイク)
2 フィナーレ(ささやかな狂気)

著者等紹介

ピックオーバー,クリフォード[ピックオーバー,クリフォード][Pickover,Clifford A.]
エール大学で物理学博士号取得後、科学雑誌を中心にコラムニストとして活躍。現在IBMワトソン研究所研究員、サイエンス・ライター
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

水無月

4
強迫性障害を焦点に、科学分野で功績のある人物8名を取り上げ、その症状と業績などを考察している。通常の伝記と違うのは病的症状を中心に家族関係等の類似にも言及している点かな?時代と性別を片寄って取り上げた理由も一応説明あり。そもそものお目当ては氷山空母のパイク。期待に違わぬコントじみたエピソードに大変満足。マトンしか食べないのに献立で悩むキャベンディッシュもなかなか。その才能と功績に拍手して対岸から生ぬるく見守っていたいこの気持ち。ただフォントと文字サイズには物申したい。目が疲れる。2020/04/17

mariko

1
最近、奇天烈偉人のエピソードを読むのがブーム。天才となんとかは紙一重というけれど、知れば知るほど面白い。交流システムで有名なテスラは晩年はハト男と化した。電離層を予言し遠距離電話を実現したヘヴィサイドは偏見主義で家具を花崗岩のブロックに置き換え、爪をチェリーピンクに塗った。他サミュエルジョンソン、功利主義哲学の父ジェレミーベンサムは自分をミイラ化した。キャベンディッシュ、フランシスゴールトン、ジェフリーパイク。パイクの氷山空母は知らなかった!究極のアイデアマンでマッドサイエンティスト、魅力的ですw2016/10/19

山根清志

0
「2035年までには、軍事長官よりも衛生長官のほうが重要になる」(ニコラ・テスラ)2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/142234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。