キリスト教思想への招待

個数:

キリスト教思想への招待

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326153756
  • NDC分類 190.4
  • Cコード C3016

出版社内容情報

キリスト教思想には余り知られていないすぐれた遺産、貴重な考え方がある。歴史を遡り聖書を繕いて、よく見える地点へと誘う。

 全四章からなる書下し評論。表題は順に「人間は被造物」「やっぱり隣人愛」「彼らは何から救われたのか」「終れない終末論」。これらはキリスト教の教義の四大項目に対応している(創造論、教会論、救済論、終末論)。といって内容は教義の解説ではありえない。素材を自由に選び、ユーモアを交え、楽しく鋭い論評が加えられている。

関連書:『書物としての新約聖書』(小社刊)、『イエスという男』(作品社)

第一章 人間は被造物
第二章 やっぱり隣人愛
第三章 彼らは何から救われたのか
第四章 終れない終末論

後書き


★この本をお薦めします★~紀伊國屋書店梅田本店・北村貴克
こういう本を読む時、必ず9.11以降に書かれた本だと思って読むことにしています。答えは書いてないかもしれない。答えは自分で見つけなければいけません。読書とはそういうものだと思います。

内容説明

キリスト教思想には余り知られていないすぐれた遺産、貴重な考え方がある。歴史を遡り聖書を繙いて、よく見える地点へと誘う。

目次

第1章 人間は被造物
第2章 やっぱり隣人愛
第3章 彼らは何から救われたのか
第4章 終れない終末論

著者等紹介

田川建三[タガワケンゾウ]
1935年東京に生まれる。専攻は新約聖書学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。