図書館の現場<br> 図書館は本をどう選ぶか

個数:

図書館の現場
図書館は本をどう選ぶか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月06日 06時21分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 164,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326098316
  • NDC分類 014.1
  • Cコード C3300

内容説明

日米の主要な図書選択論を概観、選書ツアー論争を分析して、公共図書館は本をどう選べばよいのかを原理的に考える。

目次

第1章 図書選択の正当性とは
第2章 アメリカの図書選択論
第3章 日本の図書選択論
第4章 選書ツアー論争
第5章 図書選択を原理的に考える
第6章 「価値論/要求論」を超えられるか

著者等紹介

安井一徳[ヤスイカズノリ]
1982年東京都に生まれる。2005年東京大学教育学部(総合教育科学科)卒業。現在、国立国会図書館に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

公共図書館での図書の選択はどんな基準にもとづいているのか。市民の要求か社会的価値か。選択基準の正当性を原理的に考えぬく。

図書館の自由、良書主義、蔵書の中立性などが今大きな問題になっている。この論点を図書選択という視点とからめて、図書館の本の構成について総合的・原理的に捉える。アメリカと日本の選択論の歴史を探ったうえで、選書ツアーをめぐる論争を整理、要求論と価値論をのりこえるために何が必要かを根底から明らかにする。

[関連書] 『浦安図書館にできること』  『図書館への私の提言』 (勁草書房刊)ほか


第一章 図書選択の正当性とは
 1 本書の目的
 2 本書の扱う範囲

第二章 アメリカの図書選択論
 1 公共図書館における図書選択論の源流
 2 フィクション論争と要求論の出現
 3 図書選択論の体系化
 4 要求論の退潮とシカゴ学派
 5 図書館の目的
 6 第二次大戦後の図書選択論

第三章 日本の図書選択論
 1 1970年以前の図書選択論
 2 1970年以後の図書選択論
 3 価値の問題を完全に避けられるか

第四章 選書ツアー論争
 1 選書ツアー論争の整理
 2 選書ツアー論争の検討
 3 選書ツアーはなぜ批判されたのか

第五章 図書選択を原理的に考える
 1 潜在的要求とニーズ
 2 要求論的言説の中の価値基準
 3 何も押し付けないことは可能なのか

第六章 「価値論/要求論」を超えられるか


あとがき
索引