生物改造時代がくる―遺伝子組換え食品・クローン動物とどう向きあうか

個数:

生物改造時代がくる―遺伝子組換え食品・クローン動物とどう向きあうか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784320055186
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C3045

出版社内容情報

【解説】
読者が「クローン人間」や「遺伝子組換え食品」などについて自分で理解し,冷静に判断できように書かれている。

【目次】
 

内容説明

本書は「遺伝子操作による生物改造」をいろいろな局面から検討している。基本となる科学的原理は生物学を知らない人にもわかるようにやさしく解説し、一方、倫理上の問題はかなり深いところまで議論している。というわけで、本書1冊で、「遺伝子操作による生物改造」に関するいろいろな論争のすべてについて、読者が自分で理解し判断できるようになっている。

目次

第1章 遺伝子操作の問題点とは何か?
第2章 遺伝子操作の生物学:原理と方法
第3章 遺伝子操作の倫理(モラルとエシックス)
第4章 遺伝子操作の宗教
第5章 微生物の遺伝子操作
第6章 植物の遺伝子操作
第7章 動物の遺伝子操作
第8章 ヒトの遺伝子操作
第9章 遺伝子操作の大衆理解