河出文庫
面白半分

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309472898
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0136

目次

馬鹿とはいかん
むしろ悪を勧めよ
生理学上の難問題
遊女と色気
古今奇譚と語源の怪
日本風俗罵倒録
新聞と広告の内幕話
アメリカ様

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

かんちゃん

10
書きたいだけ書きまくって生きてきた外骨をもってしても、老いには勝てず、戦時中の厳しい言論統制に反駁する気力は残っていなかったらしい。敗戦と共に言論の自由が得られたことは何よりも嬉しかったようで、民心が揺れ動く終戦直後に早速「アメリカ様」と言って憚らないのは外骨らしい。2014/11/09

どですか寺ん

10
宮武外骨の雑文集。今なお面白い。実に多彩なパターンで書いている事に驚く。私にもし才能があれば、外骨の紹介する奇談からのインスピレーションで時代小説とか書けるのではなかろうかと妄想する。外骨は反権力で攻撃的な事も書くが、基本的には子供の様な好奇心であらゆる事を面白がっている。『過激にして愛嬌あり』の愛嬌というのはこれだろう。外骨本をもっと読みたい。香川県は宮武外骨記念館を作るべきだ。2013/03/09

海恵 ふきる

9
宮武外骨は、江戸〜昭和(!)の激動期を生き抜いたジャーナリストであった。そして、生一本の変人でもあった。生涯で数多くの雑誌を発行した彼の文章は、痛快でユーモアに溢れており、反骨精神の塊だ。腐敗した軍閥や政府を決して許さず、鋭く風刺しまくる。また、風俗や医学を研究する博覧強記な人物でもあり、面白おかしい語り口からは知性が垣間見える。文章のレイアウトや挿絵等ビジュアル面も見ていて楽しい。政府から何度発禁処分を食らっても、投獄されても、彼の雑誌を待つ読者が大勢いたことにも頷ける。2020/08/02

momonnga

4
面白かった。昔は新聞に求婚の広告を載せられたらしい。新聞に書かれてある条件を嘘っぱち、本当にそうならとっくに結婚している筈だと問答無用でバッサリ切っていく外骨先生。日本は男尊女卑ではなく女尊男卑だとの主張も面白かった。日本はマイナスな漢字を先にプラスの意味は後に書く。裏表、後先、女夫、貧富。後に来るものの方が尊ばれてるらしい。遊女の話も当時の風習が知れて面白かった。雑誌を創刊しては廃刊、発禁になったり逮捕されたり中々クレイジーな生き方。本当に文章を書くのが好きだったんだなぁ。2019/08/21

Wagatsuma

2
明治、大正、昭和を生きたジャーナリストの撰集。諧謔の中に、物事の本質を見抜く目と人間愛が感じられて面白い。この面白さが世に埋もれて仕舞うのは勿体ないと思うと同時に、外骨がなげいた世の中は未だ変わらず、ということなのかなと感じ入ります。2014/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/407925

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。