河出文庫<br> 生活の世界歴史 〈1〉 古代オリエントの生活 三笠宮崇仁

電子版価格 ¥880
  • 電書あり

河出文庫
生活の世界歴史 〈1〉 古代オリエントの生活 三笠宮崇仁

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 359,/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309472119
  • NDC分類 209
  • Cコード C0122

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こうきち

2
話自体は、狭い期間でかなり長いうえに、年代が大まかであるため、通史の知識としては使えない。が、生活といった面を冷静に分析しながらの記述は、とても読みやすく、また、単純に歴史の教科書などを読むよりも、人間感覚を感じながら学習できた。全シリーズ読んでみたい。2017/01/03

蛇の婿

2
専門書にありがちなややこしい文章ではなく、平易な文章で書かれているので、私のような歴史素人でもすごくわかり易く読めました。古代オリエントの入門書としても最適と言ってもいい本なんではないでしょうか。巻末の参考文献の表が、さりげに歴史初心者に「興味があるなら、もっと他にこういった本があるので、読んでみてください」と語りかける、三笠宮親王の古代史好きの顔が覗けるようでとても好きだったりしますww2011/08/06

shou

1
古代メソポタミアやエジプトについての論文を集めたもの。元論文が古いため、昨今の庶民生活史とはやや異なる硬派なアプローチ。とはいえ文献資料を丁寧に追っていて読みやすい。2014/03/18

rbyawa

1
これ自体もかなり古い本なので多分その後の研究によってかなりの変化を迎えているとは思うものの、これってあれ、科学技術の進歩による測定や文献史料以外の出土品から多角的に歴史を見る、という比較的新しい流れの初期の頃の本なんじゃないのかなぁ。ちょっと時期ズレてるかもしれないんですが、庶民の生活史って段階で少し昔は結構珍しかったんだよ。んで、そう研究してくと意外と庶民も歴史の表に影響与えてるんだよね。庶民が書記になる話や、奴隷の人権の回復の仕方とか、ちょっとずつ面白かったな、もっと今は研究進んでるかなぁ、楽しみだ。2014/01/27

冬至楼均

1
冒頭で語られる”現代の”イラクの話が、執筆当時を忍ばせます。まあ本題は”古代の”オリエントなのですが。2010/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/406155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。